無料ブログはココログ

« クリムトのベルヴェデーレ宮殿 | トップページ | 中世の面影を残すプラハ »

2017年6月11日 (日)

小さな町 チェスキークルムロフ

6月4日

今日は、"世界で一番美しい街"と言われているチェスキークルムロフを歩きます。

地図があります。
中央、ヴルタヴァ川に囲まれた中州のくびれた部分の赤丸がホテルの位置です。

Dscn2081_2

今日も天気は良さそうです。
さすがに少し北に位置するので暑さは和らぎ20度を少し超えたくらいです。
出掛ける前にホテル前のビューポイントで、朝日を浴びた街並みをバックに、
家内はホテル入り口で。

Dscn2079 Dscn2083

ホテルのロビーは、さすがに旧修道院だけあってロビーの壁にはイエス様

Dscn2084

出発までの待ち時間の間に、女性軍が女子会だと言いながら急に
賑やかになりました。
このツアーも最初から女性の方がパワーありましたからね。

Dscn2087 Dscn2089

ホテルを出て聖ビート教会を横目にだらだら坂を下っていくと、路地の向こうにチェスキーのシンボル、クルムロフ城がフッと現れるのですね。こうした景色がポイントなのです。

Dscn2024 Dscn2091_2

旧市街の街めぐりの起点になる広場に到着。
カフェ、ホテル、観光案内所などあります。
ここからクルムロフ城に向かって左右のお店を観察しながら街並みを歩きます。

Dscn2093 Dscn2131

いよいよ観えてきました。

Dscn2094

こうして歩いた先には必ず素晴らしい景色が待ってます。

Dscn2105 Dscn2099

最後に私はこのクルムロフ城の展望台上ります。
らせん階段での歩きですから、さすがに6人だけでしたが、家内もパスしました。

Dscn2096 Dscn2098

何か所かビューポイントがあり、案内ガイドがしっかりと導いてくれます。
最高の一枚はこの風景です。

Dscn2102

Dscn2100 Dscn2103

そして私が頑張って上ったクルムロフ城の展望台から眺めた景色です。

Dscn2125 Dscn2126

Dscn2116 Dscn2118

これでもかと写真並べましたが、これほどにコンパクトに"美しい街"として存在感があるのですから、皆さんに紹介したくなります。

もちろんそんな素晴らしい風景には人物も必要です。

Dscn2115 Dscn2112

Dscn2113

実は、昨夜は添乗員の案内で夕暮れから夜にかけて街をぶらぶらしました。
夜にしか観れない写真撮りましたので何枚かご覧ください。

これは建物間の回廊ですが、暗さを増すとライトアップの効果でこんな素晴らしい写真に。

Dscn2031 Dscn2056_2

いいですね、芸術的ですね。

Dscn2054 Dscn2049

何といってもクルムロフ城はどこから撮っても絵になります。

Dscn2063 Dscn2066

Dscn2070

個人的には経験の中で一番印象に残る街だと思います。
そんな街を二度も訪ねることができたのですからほんとに幸せです。

さて街歩きも全て終了、今日の昼食場所はビール醸造所直営レストランです。
もちろんこの街にあります。

ここも女性軍は集結して完全に女子会模様、男性は片隅に・・・。

Dscn2138 Dscn2139

私は黒ビールを、途中で家内のビールが回ってきました。

Dscn2137 Dscn2140

なかなか雰囲気のあるホールでした。

Dscn2144 Dscn2134

メインは鯉料理だったとおもいますが、全て美味しかったです。

Dscn2135_2 Dscn2141_2

Dscn2143

みなさんご機嫌で出てきました。

Dscn2146 Dscn2148

これから3時間かけてプラハに向かいます。・・・・(続く)

« クリムトのベルヴェデーレ宮殿 | トップページ | 中世の面影を残すプラハ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451774/70833512

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな町 チェスキークルムロフ:

« クリムトのベルヴェデーレ宮殿 | トップページ | 中世の面影を残すプラハ »