無料ブログはココログ

« 小さな町 チェスキークルムロフ | トップページ | プラハ出国 »

2017年6月13日 (火)

中世の面影を残すプラハ

6月4日の続編

夕刻チェスキークルムロフからプラハに到着しました。
ホテルは旧市街の街歩きに便利な"マリオット"、アメリカンスタイルで部屋も広いです。

Dscn2149 Dscn2150

自室に荷物が間違いなく届けられたのを確認、ロビーに集合し夕食会場に向かいました。
今宵は「ジャルパックこだわりディナー」と銘打っておりそれなりの食事が・・・・。

レストランはホテルから近い、大変格調ある建物、市民会館一階のレストラン「フランツォウスカー・レスタウラッエ」です。
旧市街出入り口のある火薬塔の傍にあります。

Dscn2154 Dscn2167

メインディッシュは肉、魚料理からのチョイスです。
私は肉を選び、野生の鴨料理でした。

Dscn2160 Dscn2161

Dscn2159 Dscn2162

Dscn2163_2 Dscn2166

チェスキークルムロフでもそうでしたが、食事後のフリーな時間を利用して、希望者だけ
特別に街ブラを添乗員がしてくれます。
外国の夜の街歩きは通常避けていますが、これならとほとんどの方が参加します。
この時の写真は、翌日の現地案内人による街歩き記事で必要に応じて挿入します。

6月5日

朝食では外国という特別な雰囲気の中、余計なものまでつい皿に取ってしまいます。
そろそろ私もいつもの朝食スタイルに戻さなければ・・・・。
今朝の私はいたってシンプルに、家内もこの時点では皿盛りが少ないようですね。

Dscn2211 Dscn2213

朝食後、ホテル前に出て気温の体感をチェック。
プラハは先の2都市に比べて北に位置しているので25度は越えなかったと思います。

Dscn2216 Dscn2215

今日の現地案内人はプラハ在住16年、高知出身の女性の方です。
まず向かったのはヴルタヴァ川の西岸に広がる丘に建つプラハ城。

城壁で囲まれた敷地内には教会や王宮、修道院とか様々な建築物が存在しており、
これからそちらを訪ねます。
車窓からは、すでにその姿が遠目に見えてきました。

Dscn2219_2

まずストラホフ修道院を訪ねました。
今は民族文学博物館として二つの図書館があり、中世を物語る膨大な蔵書が所蔵されています。
図書室内のスタッコ細工とフレスコ画の天井が凄いです。

Dscn2231

Dscn2222 Dscn2224

プラハ城内敷地に入るには手荷物検査があります。
到着したこの入り口には例のアジア系外国人が長蛇の列。
ガイドはよく知ってます、機転を利かせてこの先にある穴場の入り口へと急ぎました。

Dscn2235 Dscn2237

さすがにベテランガイド、待ち時間も少なく入場することができました。
木陰の路に涼しさを感じながら歩くうちに聖ヴィート教会の雄姿が現れました。

Dscn2238 Dscn2242

最終、衛兵のいるこの正門をくぐって中に入ります。
青服の衛兵さんとは皆さん気軽に記念撮影してます。
ところが機関銃の兵隊さんに家内が近づきなにやらひそひそ・・・撮影させてとねだったようでOKとなりパチリ、普通は怖くてみな近づきませんよね・・・・。

Dscn2246 Dscn2247

中庭に入りました。

Dscn2249

いよいよプラハを代表する聖ヴィート教会の正面に出ましたが、ここからはそびえ立つ感じて、とりあえずこの見上げた写真しか無理ですね。そして入場。

Dscn2252 Dscn2253

Dscn2273 Dscn2270

ここのステンドグラスは数多くあり、みんな素晴らしいものでした。
これまでいろんな協会のステンドグラス観てきましたがベストスリー間違いなし。
この写真のステンドグラスにはミュシャの作品も入ってます。

Dscn2256 Dscn2258

Img_1759  Dscn2262

Dscn2275 Dscn2276

Dscn2260  Dscn2282_2

このあと旧王宮の広間、聖イジー教会と回る。
Dscn2298 Dscn2301_2

ひと回りして外に出ると、いよいよゴシック様式の荘厳な尖塔を持つ聖ヴィート教会の全貌を目の当たりにすることができました。
全貌が入るように広場の端まで下がって撮りました。

Fscn2381

ここからは、王様のお抱えの錬金術師たちがここで作業したことから、「黄金小路」と呼ばれ、土産品を売るお店が並ぶ通りを歩いてカレル橋へと向かいます。

Dscn2306 

途中休憩をとりながら、下に見える黒っぽいタワーゲートのあるカレル橋まで下りていきます。

Dscn2313 Fscn2380

プラハは100塔の街と呼ばれているとガイドに聞きましたが、この写真を観ても多くの尖塔があちこちにあるのがよくわかります。

Dscn2316

下に降りるにつれてこの混雑、みな橋に向かっているのです。
Dscn2317_2

カレル橋はヴルタヴァ川に架かる全長516m、16のアーチを持つゴシック様式の石橋です。
橋の両側には2つのタワーゲートが立ち、欄干には30体の聖人像か並んでいます。

橋の上に上がりました。
やっと高知出身の現地ガイドの姿が写りました。(ピンクのシャツ)
欄干には聖人が、後方にはプラハ城の丘が望めます。

Dscn2332 Dscn2337

聖ヤン・ネポムツキー像の台座に触ると幸運が訪れるそうで、触りすぎ金色になってます。
家内も触り、終わるとなにやら満足の様子。

Dscn2324 Dscn2326

一体だけ日本になじみの聖人がいました。
下写真の聖フランシスコザビエル像です。下で支える従者の中にサムライ風の姿が。
ついでに私も聖人として一枚。

Dscn2335 Dscn2329

橋を渡り終えました。
プラハ城の小高い丘がよく望めます。

Img_1774  Dscn2339

ちなみに昨夜橋の麓にきて撮った夜景です。
左は橋の旧市街側にあるゴシック様式のタワーゲート、右はプラハ城夜景

Dscn2195 Dscn2200_2

みなさん橋を渡り切り、旧市街の中心広場へと向かいます。

Dscn2342 Dscn2344

この中央広場の象徴はティーン聖母教会です。高さ80mの尖塔の間には金のマリア像が。
昨夜はライトアップされてました。

Dscn2348 Dscn2351

Dscn2179 Dscn2183

旧市庁舎のの天文時計では、一定時間になると窓が開いて12人の使徒が動き出すのですが待ちきれずパス。
普段は塔の上からは抜群の景色が望めるのですが、工事中で上れず残念。

Dscn2354 Dscn2358_2

今日の昼食はフリーです。
添乗員のお勧めで生パスタの店に数人が行きました。
12種類のパスタが展示されており、ここから好みのパスタを注文します。
全て手打ちです。

Dscn2371 Dscn2367_2

私たちは平たいフェストチーネ、ホウレンソウ入りのグリーンのパスタにしました。
もちろん食前酒も。

Dscn2368 Dscn2362

Dscn2359_2 Dscn2365

このあとオーガニック石鹸のボタニクスに立ち寄り数点購入。

Dscn2373 Dscn2375_2

旧市街への出入り口火薬塔を通り抜けホテルに戻りました。
ゴシック様式の塔ですが、戦いでは火薬庫として使用されていたためこの呼び名が。

Dscn2377 Dscn2378

夕食は外のレストランを予定してましたが、
ツアー仲間のご夫妻から、事前予約してたミールクーポンが都合で使用できなくなり、どうでしょうかとの打診があり買い取りました。

ということで今宵は他のミールクーポン仲間との会食となりました。

Dscn2393

私はビール二杯とシーザーサラダ、メインは鳥のキジ料理でした。

Dscn2386 Dscn2389 Dscn2387

Dscn2388 Dscn2390 Dscn2396_2

プラハでの最後の夜が終わろうとしてます。
テレビでは盛んにロンドンのテロのニュースが流れてましたが
Dscn2383_2

中欧では何ら危機感は感じられず平穏な旅が続いています。・・・・・(最終日に続く)

« 小さな町 チェスキークルムロフ | トップページ | プラハ出国 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451774/70837707

この記事へのトラックバック一覧です: 中世の面影を残すプラハ:

« 小さな町 チェスキークルムロフ | トップページ | プラハ出国 »