無料ブログはココログ

« 途中下車し旭山動物園へ | トップページ | これぞ本物の雪景色 »

2017年1月15日 (日)

秘湯の湯・湧駒荘

1月11日

昨日は暗くなって宿の "湧駒荘" に到着。
とにかく館内に飛び込むのに精一杯で周囲を観察することなどできませんでした。

私たちは3年前の夏に一泊、プラス日帰り温泉利用が1度と2度訪ねたことがあるのですが、雪にうずもれたこの時期は初めてです。

改めて観察。
バス停のすぐそばから白銀の景色が広がり、敷地入り口には少し雪を被った案内板がある。
その奥に殿としてあるのが湧駒荘です。

Dscn0619_2

Dscn0621_2

部屋の窓越しからはこんな風景が。

Dscn0559

私たちは洋室を選びました。
寝室とくつろげる部屋が別になっており、マッサージ機のついた仕様になっています。
家内はマッサージ三昧で得した気分に。

Dscn0625 Dscn0626

今回の旅のテーマの一つ、"秘湯の湯" がここなのです。(日本秘湯を守る会のメンバー)

Dscn0568 Dscn0650

大雪山国立公園の中にあって自家源泉を5つ持ち、毎分300ℓ以上の多種多様の泉質のお湯を湧出し、加水、加温もせず100%のかけ流し湯なのです。

私たちが二度三度と訪ねる所以がお分かりかと思います。
男湯と女湯の二か所の浴室があり、夜9時に男女の浴室が入れ替わります。

私は昨夜はシコロの湯に入りました。

Dscn0628

Dscn0556 Dscn0557

2日目はユコマンの湯に浸かりました。
天然の岩を取り込んだなかなかの造りをしてます。

Dscn0669

Dscn0664 Dscn0662

ロビーには暖炉がたかれくつろぐことができます。
くまや鹿のはく製があるのも北海道らしいですね。

Dscn0546 Dscn0652

こちらはお湯ばかりでなく、旭岳の地層が磨き上げた天然の銘水が敷地内に湧き出ており、館内の水は全てこれを利用してます。
ロビーの一角にはその飲み処があります。

Dscn0671 Dscn0654

あのソチ冬季五輪銀メダルの竹内選手がこちらのお嬢さんで、館内5階には記念のものが多く展示されていました。

Dscn0634_2 Dscn0631_3

夕食も朝食もごく普通のものでしたが、その一端を少しだけ写真で。
最後は朝食です。

Dscn0637 Dscn0639 Dscn0544

Dscn0640 Dscn0643 Dscn0534

Dscn0539 Dscn0541 Dscn0562  

滞在中はほんとにゆったりとお湯に浸かりリラックスできました。
ここまでは湧駒荘の館内での様子を記述しましたが、次の旅のテーマである "本物の雪景色" を求めて外にも飛び出します。・・・・(続く)

 

« 途中下車し旭山動物園へ | トップページ | これぞ本物の雪景色 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451774/69253396

この記事へのトラックバック一覧です: 秘湯の湯・湧駒荘:

« 途中下車し旭山動物園へ | トップページ | これぞ本物の雪景色 »