無料ブログはココログ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年1月

2017年1月16日 (月)

最終日は青空に見送られ

1月13日

今日は旅行の最終日
何かを期待し6時過ぎに起きてカーテンをばっと開く。 オー!!
東の空が明るい、山の稜線もくっきり見える、よしっ今日は晴れるぞ・・・・。

 Dscn0816

美瑛の日の出は7時過ぎ、まだ少し時間があるので外に出てみる。
家内も明るい方向を指して何やら言っている。

Dscn0818

趣向を凝らして芸術的に撮ってみる。なかなかのものでしょ。

Dscn0822

敷地外の風景、昨日到着時に撮った場所と同じ風景ですが、彼方の山々にも明かりがさしてきて、美瑛の丘にも朝が来た・・・・。

Dscn0835

少しだけ散歩、私はペンション入り口の案内板を指さしています。

Dscn0842 Dscn0844

散歩から戻り、じっくりと時間差で朝日の出る様子を観察します。
ついに快晴の朝が来た・・・・。
 

Dscn0860 Dscn0861

お天気さんも我々が気持ちよく旅立たれるよう特別配慮したのですね。
プレイルームにもさんさんと光が差し込んでいます。

Dscn0868 Dscn0874_2

朝食もことのほか美味しかったです。
奥様手作りの干し柿(写真左)柔らかく大変美味でした。
北海道はお湯につけるとか、焼酎をふりかけるとか一切不要で自然任せで干すとのこと。
やはり気候の違いですね。

Dscn0877 Dscn0878

Dscn0880 Dscn0881

改めて好天下のペンション本体の前後の姿を、そしてペンション敷地への入り口と入ってすぐ左手の広場、小さな菜園もあります。なにしろ5000坪の敷地ですから。

 Dscn0913

Dscn0889 Dscn0883

昨日悪戦苦闘した前面広場の雪の中で最後のお遊びに挑戦。
マスターが特別かんじきを貸してくれました。
十勝岳も(逆光で白く見えませんが)旅立ちのお見送りをしてくれました。

Dscn0911 Dscn0904

Dscn0912 Dscn0898

マスターには美瑛駅まで送ってもらいましたが、道中、初日の曇天風景とは一変した素晴らしいパッチワークの丘も撮ることができました。

Dscn0919 

Dscn0920 Dscn0922

美瑛駅に到着
お別れ前にマスターと一緒に写真に収まる。

Dscn0928

美瑛プラットホームにて、一直線にどこまでも伸びる雪の線路道・・・・。
やがて列車が近づき車中の人となりました。

Dscn0934

 Dscn0937

このあと旭川で乗り換え、新千歳空港へ一直線。
四泊五日の北の大地の旅、全ての"旅のテーマ" クリアして無事帰阪。   完

ペンションweに泊まる

1月12日

今日は温泉地を離れます。
旭川行のバス停はホテルからすぐなのですが、この寒さの中外で待つのが大変だろうと旭岳の始発停留所まで送ってもらいました。
出発後、雪壁越しに見える湧駒荘に別れを告げながらバスは旭川へと向かいました。

Dscn0677 Dscn0679

旭川から美瑛まではJRで約30分程度で到着です。
石造りの美瑛駅、この雪の中、結構絵になってます。

Dscn0685

ペンションweからの迎え時間までを利用して、観光タクシーでパッチワークの丘を巡りました。
ほんとは青空と雪の丘とのコントラスト写真を撮りたかったのですが、あいにくの曇天で無理を承知でポイントを巡りました。

最初はお馴染みのケンとメリーの木のある丘で、天気なら彼方に大雪の山並みが望めます。

Dscn0688 Dscn0689

続いて親子の木と、私のスナップ写真。青空なら最高の傑作となるのに・・・。

Dscn0699 Dscn0694

マイルドセブンの丘です。コメントは上記に同じ。

Dscn0707 Dscn0710

最後は、セブンスターの木と途中で出会った寂しげに立つ1本の木、この写真も青空なら最高の傑作だったでしょうね。

Dscn0696 Dscn0705

小一時間の丘巡り終え、美瑛の街に戻り軽るくお腹を満たす。
weさんの迎えでペンションに向かいました。

ペンションweには幾度と泊まってますが、雪に埋もれたたたずまいも観たかったのです。
到着時午後三時頃の正面と裏からの写真です。

Dscn0721 Dscn0723

軒下にはすごいつららが。

Dscn0741 

日没は四時過ぎです。
建物の裏手から望む十勝岳連峰、かすかに雄大な姿を観ることができました。

Dscn0737 Dscn0736

敷地を一歩出てすぐにあるのがこの風景です。

Dscn0725

日没も近づいたなか、裏手の広場前面に出ようとしましたが、足がズボッ、ズボッでここまででお手上げ。

Dscn0733

同様家内も途中で足が埋もれてしまいました。 引っ張ってェ!!

Dscn0748 Dscn0747

今宵の宿泊客は私たち二人だけ、ツイン部屋を二つ使用させていただきました。

Dscn0862

食事処のプレイルームは暖炉で暖まり、食卓テーブルも今回は我々の独占です。

Dscn0759 Dscn0785

オーナーご夫婦の、決して豪華ではないが心のこもった料理をいただきました。
今宵はふらのワイン赤を一本空けましたが、一食事としては飲み過ぎか・・・。
テラスの外は雪面がてらされ、なんとなしに雰囲気がいいので・・・。

Dscn0767 Dscn0779

ワインと一緒に出されたおつまみはマスターの手作り料理。
パン生地にクリームチーズ、ベーコン、オリーブが仕込まれルイベ風にしたもの。
その他、野菜サラダ、スープ。鮭ときのこのホイル焼き、ビーフシチュー、ハーブ茶
等々が出てきました。

Dscn0761 Dscn0762

Dscn0763 Dscn0764

Dscn0768 Dscn0789

私たち二人には多からず少なからずの適量で、ワインとともに毎回美味しくいただいております。食事後、家内は遅くまでマスターとお話を、私は酔いの中ばたんきゅーでした。・・・最終日に (続く)

2017年1月15日 (日)

これぞ本物の雪景色

1月11日 その②

今朝は朝から雪が降り、風も少しあるようです。
この天候では旭岳の雄姿も拝めないことは承知の上で、予定どおり出掛けることにしました。

もちろんローブウエイで1600mの姿見の駅まで行くのですが、どうして乗り場まで行くか。
季節が良ければ歩いて二十分位なのでしょうが、どうするか迷っていたら、ホテル側のご厚意で送ってもらうことになりました。もちろん長靴も借りました。

Dscn0569

ロープウエイ乗り場に到着しました。この付近の気温はマイナス17度

Dscn0571

建物に入ってびっくりしました。
ロープウエイ待っている人は全て外国のヨーロッパ系のスキー客20人以上の大男達。
日本人は私達二人のみ、それもスキーを全く連想させない異質の姿で。

Dscn0573 Dscn0575

ロープウエイの姿見駅に到着。
この地点でマイナス22度、風速14m、積雪230㎝、視界不良とありました。

Dscn0597

スキーの男たちはロープウエイを降りると、休むこともなく一目散に霧の中に消えていきました。なぜなら彼らはロープウエイの割安1日乗車券を持っていて滑り降りたら再び乗って上がってくるのです。

Dscn0576 Dscn0577

私たち二人はあっけにとられて見送った後、とにかく姿見の駅まで来た証の写真を撮る。
マイナス22度なんて初めての経験であり、そんなに重装備でもないので凍りつく前に早々にロープウエイへ。

Dscn0580 Dscn0582

帰りは大男もいなくてロープウエイの中から余裕で写真が撮れました。

Dscn0595 Dscn0592

ロープウエイを降りた、その周辺には雪を被った美しい木々があって散策しながら撮影。

Dscn0601 Dscn0610

Dscn0604 Dscn0614

時折上の方から例の人達が滑り降りてきたり、ノルディック走法で上っていく人も。

Dscn0607 Dscn0608

悪条件もあったが、これぞまさしく本物の雪景色を堪能してホテルに戻ることに。
連絡すれば迎えに来るとのことでしたが、あえて歩いて戻ることにしました。

家内はかって函館の吹雪の中ではビニール袋被っていましたが、今回は傘を用意。
赤で正解でした。白のなかでよく目立ちます。
およそ三十分の歩きで湧駒荘に帰ってきました。

Dscn0617 Dscn0616

Dscn0615 Dscn0566

どこも雪々々本物の雪景色を満喫しました。この後の温泉最高でした。
明日は雪に覆われた美瑛の丘を訪ねます・・・・(続く)

秘湯の湯・湧駒荘

1月11日

昨日は暗くなって宿の "湧駒荘" に到着。
とにかく館内に飛び込むのに精一杯で周囲を観察することなどできませんでした。

私たちは3年前の夏に一泊、プラス日帰り温泉利用が1度と2度訪ねたことがあるのですが、雪にうずもれたこの時期は初めてです。

改めて観察。
バス停のすぐそばから白銀の景色が広がり、敷地入り口には少し雪を被った案内板がある。
その奥に殿としてあるのが湧駒荘です。

Dscn0619_2

Dscn0621_2

部屋の窓越しからはこんな風景が。

Dscn0559

私たちは洋室を選びました。
寝室とくつろげる部屋が別になっており、マッサージ機のついた仕様になっています。
家内はマッサージ三昧で得した気分に。

Dscn0625 Dscn0626

今回の旅のテーマの一つ、"秘湯の湯" がここなのです。(日本秘湯を守る会のメンバー)

Dscn0568 Dscn0650

大雪山国立公園の中にあって自家源泉を5つ持ち、毎分300ℓ以上の多種多様の泉質のお湯を湧出し、加水、加温もせず100%のかけ流し湯なのです。

私たちが二度三度と訪ねる所以がお分かりかと思います。
男湯と女湯の二か所の浴室があり、夜9時に男女の浴室が入れ替わります。

私は昨夜はシコロの湯に入りました。

Dscn0628

Dscn0556 Dscn0557

2日目はユコマンの湯に浸かりました。
天然の岩を取り込んだなかなかの造りをしてます。

Dscn0669

Dscn0664 Dscn0662

ロビーには暖炉がたかれくつろぐことができます。
くまや鹿のはく製があるのも北海道らしいですね。

Dscn0546 Dscn0652

こちらはお湯ばかりでなく、旭岳の地層が磨き上げた天然の銘水が敷地内に湧き出ており、館内の水は全てこれを利用してます。
ロビーの一角にはその飲み処があります。

Dscn0671 Dscn0654

あのソチ冬季五輪銀メダルの竹内選手がこちらのお嬢さんで、館内5階には記念のものが多く展示されていました。

Dscn0634_2 Dscn0631_3

夕食も朝食もごく普通のものでしたが、その一端を少しだけ写真で。
最後は朝食です。

Dscn0637 Dscn0639 Dscn0544

Dscn0640 Dscn0643 Dscn0534

Dscn0539 Dscn0541 Dscn0562  

滞在中はほんとにゆったりとお湯に浸かりリラックスできました。
ここまでは湧駒荘の館内での様子を記述しましたが、次の旅のテーマである "本物の雪景色" を求めて外にも飛び出します。・・・・(続く)

 

途中下車し旭山動物園へ

1月10日

札幌を午前9:30発、特急スーパーカムイ9号で旭川へ向かう。

Dscn0442 Dscn0450

旭川駅に到着し見上げた上空はご覧のとおりの青空、冬の空はそんなに甘いものではないはず、一時の晴れ間かな。
お昼前でもあり、私だけ駅構内にあるかき揚げそばで小腹を満たしました。

 Dscn0454 Dscn0455

今日は16:10発のバスで旭岳温泉に向かうのですが、それまでの時間を利用して旭山動物園を訪ね、冬の一時期観られるペンギンの雪道散歩の姿を観ることがメインです。

いつもなら駅でレンタカー調達し、滞在中活用するのですが素人の雪道走行は危険。
旭川駅からバスに乗り、およそ40分弱で動物園入り口に到着。

Dscn0456 Dscn0531

ゲートを入ると雪に覆われた道路の先には動物の建物が点在しているようです。

Dscn0458 Dscn0460
ペンギンの散歩は14:30からと決められているのでその間いくつかの動物を観察。
まずはほっきょくくま館を訪ねました。

Dscn0474_2

せわしなく動き回り、いきなりの攻撃に私も仰天びっくり。
水に飛び込む様子も見たかったのですがいつまでも雪の上をうろうろするばかり。
家内が理解に苦しむへんな一言、"寒いから飛び込まないのでは"??

Dscn0494 Dscn0492

次にあざらし館へ。

Dscn0498

いくら待ってもテレビ映像のように円筒水槽を抜ける泳ぎは見せてくれずあきらめる。
虎は寒さには平気のようですね。
レッサーパンダは期待に応えてくれ、見事吊り橋を渡ってくれました。

Dscn0464_4 Dscn0489_2

Dscn0478_2 Dscn0481_2

そろそろペンギンのお出まし時間です。
この時点、外の外気温はマイナス4.7度

Dscn0513 Dscn0475

ペンギン館から延びる左右の道端に見学客が並びお出ましを待ちました。

Dscn0516 Dscn0522

Dscn0519 Dscn0528

目の前を通過しました。
バスの時間が三時なのでいつまでもここに居座るわけにはいきません。
出口へと急ぎました。

Dscn0529

旭川駅で、16:10発の旭川岳行の"いで湯号"に乗り込みました。
途中日没となり、夜の雪道を標高1000mにある温泉地へと、恐ろしいほどの勢いでバスは上っていきました。
午後6時頃に温泉入り口に到着、積もった雪をかき分け、荷物を引きずりながら宿へ入りました。  ・・・・ (続く)

 

2017年1月14日 (土)

"今年の旅"が始まりました

1月9日

毎年正月明けに実行している新年初旅も、過去、指宿温泉から始まり函館、別府鉄輪温泉と、今年で4年連続となりました。

今回の旅のテーマは、"秘湯の湯"  "グルメの一品"  "本物の雪景色" 以上の三項目を満たすことです。
出発前、飛行機便のトラブルあるも計画どおり完遂となりました。

こんな寒い時期に何故北海道へ・・・・それは北の大地が大好きだからです。
出発の朝、伊丹空港に着いたのが9時前、ここでJAL便が整備不都合のため欠航と判明。
午後便への振り替えは可能というが、そんな長時間待っとれない・・・。

ここで意外な一言、空席あればANA便への振り替えができますと。
両社間にそんな連携があるのも驚きだか、運よく30分遅れのANA便を確保してくれました。

というわけで無事昼過ぎに新千歳空港に到着。
気温はマイナス4度、曇り空ですが雪は降っていません。
早速JRの窓口で、ジパング倶楽部会員証を使用して、新千歳空港→札幌→旭川→美瑛の往復切符を購入。

今回の主目的である、旭川から1時間強の旭岳温泉を訪ねるには乗り継ぎの関係で札幌に一泊することに。
札幌の日没は早く、5時前には札幌駅前もイルミネーションに輝いてました。
家内は札幌駅に隣接する大丸百貨店をバックに。

Dscn0355_2 Dscn0359_2

今宵は、旅のテーマでもある"グルメの一品"を食することになってます。
札幌には幾度と来てますが、本格的なカニ料理をいただいてません。
そこで今回の一品はカニ料理と決めてました。中でもたらば蟹を・・・。

お店は大通公園を超え、すすきの付近の南五条西二丁目にあります。
地下道をあえて歩かず、雪の残る道路を恐る恐る歩きながら向かいました。
途中にあるのが時計台でとりあえず記念にパチリ。

Dscn0361_2 Dscn0362_2

大通公園のテレビ塔もきらきら輝いてました。雪まつりにはこの辺りも大変賑わいます。

Dscn0367_2

目的のお店に到着です。
店の名前は "氷雪の門" 、たらば蟹の専門からスタートした札幌でも老舗のお店です。

もちろん予約はしてたのですが、店の前には私たちの名前も出て歓迎の様子。
老舗店でここまでされては下手な注文はできない・・・・大丈夫"タラバ蟹コース"と決めてましたので。

Dscn0371_2 Dscn0372_2

客室はビルの上階にあります。
受付のあるロビーは趣のある空間になってました。

Dscn0405_2 Dscn0408_2

掘りごたつ式の個室に通されました。
まずはサッポロクラシックビール。

Dscn0375_2

今回のコースは、めったに口にできない"たらば蟹のコース"としました。
順次出された一品は次の通りです。

たらば親爪のお刺身、とにかく甘くて美味しい。生まれて初めてのたらばの刺身でした。

Dscn0376_2

たらばの太身の炭火焼、香ばしくて美味い。

Dscn0380_2 Dscn0381_3

Dscn0383_2 Dscn0385_2

たらばのせいろ蒸し、これは足の付け根の肩の部分です、抱身(だきみ)というそうです。

Dscn0387_2

太身とカニしんじょうのしゃぶしゃぶ

Dscn0389_2

Dscn0393_2 Dscn0392_2

かにの季節の小鉢

Dscn0394_2

たらばの天ぷら

Dscn0395_2

〆はしゃぶしゃぶ鍋の雑炊

Dscn0396_2

このあとデザートが出され、たらば蟹コース終了です。
通常カニを食べると手が臭くなったりで匂いに閉口するのですが、たらばに関しては全くその気配すらなく最高の"一品"を食することができました。

家内は再び完全武装、少々お酒も入ったので大通公園まで地下鉄を利用しました。

Dscn0409_2 Dscn0410_2

大通公園駅から一旦外に出てしばし散策。
雪まつりの会場になるこの一帯もすでにイルミネーションで輝いてました。

Dscn0417  Dscn0427_2

この後、地下道を歩き駅前に出てホテルに戻りました。

Dscn0413_2 Dscn0435_2

明日は旭川経由旭岳温泉に向かいます。  (続く)

2017年1月 7日 (土)

新年おめでとうございます

1月7日

皆様 新年あけましておめでとうございます !!

旧年中大変お世話になりました皆様には、引き続き今年もよろしくお願い申し上げます。

正月元旦は、息子家族がやってきて賑やかな正月でした。
上の孫は、新年早々に中学受験です。
合格の折には"うれしい出費" も宣言してしまいました・・・・coldsweats01

2日は、京阪大和田駅裏にある堤根神社へ初詣

Dscn0299

この後、毎年恒例の天満天神繁昌亭へ、ごひいき桂あやめが出演します。
久しぶりの天満八軒家からの景色ですが、好天で正月らしい穏やかな眺めでした。

Dscn0303 Dscn0306

繁昌亭に隣接している大阪天満宮にまず参拝と思ったのですが、商店街まで伸びる長蛇の列。あきらめて寄席終了後に参拝することにしました。

Dscn0312 Dscn0316

Dscn0310 Dscn0320

寄席は五時過ぎに終了。
人出も落ち着いた天満宮に参拝。
噴水アーチのある、夜空に浮かぶ美しい夜景を観ながら家路につきました。

Dscn0329 Dscn0334

6日は我がスポーツ吹矢大阪門真なみはや支部の初吹きがありました。
まずは恒例の風船割り。
今年は、矢1本の当たり札の入った風船を4個設置しておきました。
右は見事引き当てた喜びの4人です。

Dscn0339 Dscn0342

この後、お遊び半分の愉しいゲームで競いました。
最後はルーレットによる±30点のどんでん返しもあり、結果4人が矢をゲットしました。
三人はダブル受賞ですね・・・・今年は期待してますよ。

Dscn0343 Dscn0344

今年も一週間が経過、たいへん穏やかなスタートとなりました。
皆様におかれましても今年1年が平穏で元気に活動されるよう願っております。

来週は大阪を離れ、厳寒の北の大地を訪ねます。    完

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »