無料ブログはココログ

« 積丹半島を巡る | トップページ | 濃紫早咲ラベンダー満開 »

2016年7月16日 (土)

美瑛パッチワークの丘

7月12日

今日は小樽から札幌・旭川経由で美瑛に向かいます。
昨日の朝と違い極めて天気良好、小樽駅舎、駅前から港に通じる大通りも朝日を浴びてます。

Dscn9651 Dscn9652

札幌からは特急スーパーカムイで旭川へ一時間半ほどで到着です。
これまで美瑛方面への乗り換え駅として来たことはありますが、今回は一時的に完全下車しました。大きな駅です。

Dscn9654 Dscn9655

レンタカーの約束時間まで駅前の繁華街に出て旭川ラーメンの昼食としました。
立ち寄ったのが梅光軒の本店。
旭川ラーメンはしょうゆ味が基本のようです。二人はしょうゆバターを注文しました。
麺が程よいゆで加減で美味しく、本場の"旭川ラーメン"を経験しました。

Dscn9665 Dscn9662_2

Dscn9660_2 Dscn9661_2  

今日から二日間、レンタカーで美瑛、富良野方面を走ります。
何度も訪ねた地ですが、この方面も今年が最後の訪問となるかもしれないので、じっくりと景色を脳裏に映し込みたいと思います。

旭川には有名な動物園がありますが、二人とも興味がないので即美瑛へ向かいました。
三十分の距離で近いです。
美瑛の街中に入る前に、幹線道路からそれてパッチワークの路へと進みました。

パッチワークの丘と云うだけあって、色んな作物が植えられてパッチワークを形造っているのです。まず、黄金色に染まる麦畑が現れました。

Dscn9672 Dscn9670

パッチワークの丘を巡るのに決まりがあります。
絶対に草の部分には足を踏み入れてはなりません。
最近は外国人が(特に例の国ですが)無視して立ち入り、問題になり監視が厳しくなってます。

この二人はしっかりと約束事を守り問題ありません。
時折家内が違反の外国人に注意することがあるのです・・・・・。

Dscn9681 Dscn9682

ジャガイモ畑がありました。
なかなか花の時期に来れなかったので、今回は時期的にベストでした。

Dscn9686 Dscn9667

丘を巡っていると畑の中にTVドラマやCM、有名なパッケージに使用された木があります。
農家では境界線の目印のため残しているようです。

麦畑の丘の上には親子の木が。
お父さん、お母さんの間に可愛い子供の木が仲良く寄り添っています。

Dscn9684

マイルドセブンのパッケージに使用されたマイルドセブンの丘です。
Dscn9693 Dscn9690

その他にも有名な木がありますが、どこもアジア系の外国人が群がっていますので、長居せずに美瑛の町に降り立ち、美瑛選果に寄ってソフトクリームをいただきました。

Dscn9695 Dscn9696

この後、町南部に位置するパノラマロードエリアに進みました。
ここでいつも感動するのがこの赤い屋根の家がある景色です。
ドラマやCMに使用される理由がよくわかります。

Dscn9699

そして一番集客の多い場所と云えばこの "四季彩の丘" です。
前方の雲がなければ十勝岳連峰を望むことができます。

Dscn9703

Dscn9706

この丘にはラベンダー畑もありましたが、あえて写真載せません。
明日訪ねる富良野には満開の濃紫早咲ラベンダーが待っているからです。

このあと、美瑛での定宿、丘の上に立つペンションWeさんに向かいました。
weさんの敷地へ導く標識です。

Dscn9753_2

weさんについては何度も記述しているので詳しくは述べませんが、丘の上の雑木林に囲まれた広場に立つ建物、敷地の外はパッチワークの農地が広がり、ペンション周りには何もありません。テレビなし、携帯繋がりにくいそんな環境下にあります。

いつもの部屋に通され、カーテンを開けてびっくりしました。
建物裏の広場からは白樺の木々の一角が開放され、そこから十勝岳連峰を望んでいましたが、全面が切り開かれ、オールマウント・フロントビューになっていました。

Dscn9715_2

Dscn9716_2  

美瑛の日の入りは午後7時過ぎです。
夕食時間が7時なので、その前に敷地の外に出て、丘の向こうに沈んでいく様子を撮りました。手前は麦畑です。

Dscn9721

食事時間となりました。
日没の直前で、室内からは山肌の木々を黄金色に染めた様子がよくわかります。

Dscn9724

飲み物はもちろん富良野ワインです。
広場で採れたわらびも添えられていました。

Dscn9731 Dscn9726 Dscn9728

Dscn9730 Dscn9732 Dscn9736

明日はいよいよ今旅の最大のテーマである満開のラベンダーが観られるのか、富良野に向かいます・・・・続く

追伸・・満天の星空
このペンションからは条件が整えば、上空に満天の星空が観られると聞いてました。
残念ながら過去一度たりとも遭遇してなかったです。
ところが、今宵はタイミングがドンピシャで、上空にきらめく沢山の星を観ることができました。こんな星空を過去いつ観たか思い出せません。
都会では絶対に観ることのできない貴重な体験となりました。
デジカメでは撮影不可なのが残念です。   

« 積丹半島を巡る | トップページ | 濃紫早咲ラベンダー満開 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451774/66531366

この記事へのトラックバック一覧です: 美瑛パッチワークの丘:

« 積丹半島を巡る | トップページ | 濃紫早咲ラベンダー満開 »