無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月14日 (月)

四国経由で帰阪

3月13日

東広島からどのルートで帰阪するか。
とにかくストレートはなし、何処かに寄って帰ることにしたのはいいが、尾道は昨年行ったし、倉敷は皆の評判が今一つ・・・・・。

よし、それなら行ったことない人もいる "しまなみ海道" を渡って四国に入り、香川県でうどん食べて淡路経由で帰ろうになりました。

よく考えてみるとかなりの遠回りです。運転するのは私だが・・・・・・。

途中の地図看板を見ると一目瞭然。
福山西ICを降りて西瀬戸自動車道に入り、因島、生口島、伯方島、大三島等々の島々に架かる橋を渡り、最後は来島海峡を渡り今治へ。

Dscn8625_2  

四国入ってからは高松に向けて松山道を走ります。

Dscn8626_2

空模様は曇りがちで空、海、山のコントラストもいまひとつでしたが、瀬戸内海の景色を眺めながらの走行です。
橋の側道には自転車道があり、多くの方がサイクリングしているのを見て、Mさんはチャレンジするのだとしきりに言ってました。是非ご主人と一緒にどうぞと勧めました。

Dscn8607 Dscn8610

来島海峡SAから渡ってきた大橋がよく見渡せます。

Dscn8620

お店に入りお土産を調達しました。
Dscn8624 Dscn8618

来島海峡大橋の見える展望台で記念写真。
今回の旅でNさんの足を上げるポーズがよく見られましたよ。

Dscn8622 Dscn8623

高速道路の前方に讃岐富士が見えてきました。
このあと高松市へと入り、高松中央で下車し、屋島へと向かいました。

Dscn8627

丁度お昼時に屋島の麓にある、本日予定していたうどんの"わら家" に到着。

Dscn8633

私たちは何度も来ていますが、みなさん初めてということで案内しました。
ここはたらいうどんでも有名ですが、個々の器で出してもらいました。
いりこの香り高いつけだしが徳利に入って出てきます。

食べ物には一家言のあるMさんも、このいりこだしには大変気に入ったようで案内人としても安心しました。

Dscn8629

ここまで来たら屋島の頂上にも上がります。
昨年訪ねた時は大変な靄で神秘的でもありましたが、今日は下界の景色もくっきりと眺めることができました。

まずは四国霊場第84番の碑のまえで。

Dscn8634

本殿のお参りも済ませました。
今日はお遍路さんの姿も多くみられました。

Dscn8638

本殿を抜け、ここにきたら試してみなくてはならない瓦投げの場所に向かいました。

Dscn8639 Dscn8643

高松市内の眺めは素晴らしかったです。 Nさんここでも例のポーズですね。
皆さん瓦投げに挑戦しましたが、私だけ一個が下前方の輪の中を通り抜けました。
だからどうだでもありませんので皆さんご心配なく。

Dscn8640 Dscn8642

この後、鳴門大橋を経由して淡路に入り、淡路最後のSAで買い物をして皆さんを門真市駅まで無事送り届けました。

今回乗り合わせた女性の皆さん、即三人組んで吉本の芸人になれるでしょう・・・・・。
走行中、一分たりともおしゃべりが止まることはありませんでした。
その話題が多岐にわたり、私自身眠気をもよおす暇もありませんでした。
こんなに長距離運転してあくびの一つも出なかったのは初めての経験です。

というわけで今回もオプションの小旅行を愉しく過ごすことができました。   完



大会本番 健闘しました !!

3月12日

いよいよ東広島オープン大会の本番です。
呉から一時間弱で、東広島運動公園にある体育館のメインアリーナ到着です。

Dscn8551

昨年はこの大会で準優勝しており、私にとっては縁起のいい大会でもあります。
今年は6mの部は実施されず、200名参加の8mと10m部で男女別に競います。

選手は一列に並ぶ的の全面が見渡せる反対側の2階席に陣取ります。
我が支部のYさんの作成した筒立てが周囲の人たちに大変好評でした。

Dscn8558

開会式は全員が下のフロアに集合して始まりました。
京都府協会のユニホームは今日が初披露目だそうで写真に収めました。
舞妓さんが吹く姿は京都らしいですね。

Dscn8563_2 Dscn8566

いよいよ競技が始まりました。
Dscn8567

仲間の5人は4番目以降なのでしばらく待ち時間があります。
家内もこの時点ではリラックス状態・・・・・・やがてそれが一転するのです。

Dscn8570

そのあと、ドキドキ感が増大していき、それぞれが自分のレーンの立ち位置へと向かって行きました。
観客席からは的に刺さった矢の得点は判明できません。
ただ、パーフェクトが出ればコールがあるのでわかります。

今日の私自身の成績は188点でした。
男子の個人戦で、10mの部で3位タイとなり4人が並んだため3位決定戦が行われました。
1本勝負で競った結果、惜しくも4位となりました。

決定戦には京都の重鎮Kさんも参加されましたので一緒に。
Dscn8573

そして表彰式。右から優勝、準優勝と続きます。
本大会では10mの部は8位まで表彰されました。

Dscn8584

今年はさらに二つの賞をいただきました。
一つはパーフェクト賞、枚方東支部のKさんも達成し一緒に。

Dscn8576

もう一つは、ファイブターゲットによる団体戦優勝。
今回一緒のMさんチームは準優勝。
Nさんチームは3位と聞いてますが、写真ありませんでした。

Dscn8578 Dscn8580

大会も全て終了し、ご覧の通り笑顔もでてますのでよかったですね。

Dscn8574

昨年と同じホテルの宴会場で懇親会が行われました。

Dscn8586 Dscn8588

我々5人には最後の大仕事が残っています。
まずはNさんのフラダンスから始まりました。

Dscn8590 Dscn8591

このあと私たちも登場、変装しているので何の怖さもありません。
私は適当に腰振ってアピールしましたが、人に頼んだ写真がブレブレで公開は無理。
最後の場面はなんとか写真になっていました。

Dscn8600 Dscn8601

こんな変装も二度とないでしょうから終了後にはちゃんと記念写真に収まりました。

Dscn8603

明日は四国経由で帰ります。  続く


今年初の大会で東広島へ

3月11日

今年最初の吹矢大会は、昨年に続いて東広島オープン大会となりました。

吹矢だけの遠征では精神的な緊張もなかなか緩むこともないので、成績が良くても悪くても最後はハッピーな気持ちで帰れるように、いつも楽しい小旅行を加味することにしています。

今回は枚方くらわんか支部のMさん、Nさんご夫婦の5人がマイカーに乗り込み2泊3日の"吹矢の旅"がスタートしました。

Dscn8482

5人乗るとさすがに後部座席はきつそうです。
意識して休憩を多くとり、さらにトイレタイム(歳とともに・・・・・)も意識しながらの走行です。

ということで、複数のSAに立ち寄りおやつを買ったり、天気も良好とあって道中皆さん楽しそうで大変リラックスしてました。

Dscn8481 Dscn8480

お昼時に立ち寄ったSAでは、目ざとく見つけたタコ重が何とも美味しそうで全員が注文。
若干疑っていましたが、看板に偽りなしの満足のお昼となりました。

Dscn8484 Dscn8485

今朝は門真市駅で待ち合わせし9時に出発。
ナビ任せの走行で、若干遠回りの感はありましたが、午後2時過ぎに呉に到着しました。

エッ、なぜ呉なのか。
実は広大の受験と重なって、大会会場からも近い西条のホテルが取れませんでした。

おかげさまで初めての地を踏むことができました。
呉といえば軍港がすぐ頭に浮かびます。

さすがにフェリーで渡る江田島には行けませんでしたが、ホテルの近くにある"大和ミュージアム"を早速訪ねました。

Dscn8511

何といってもメインは、呉で建造されたあの戦艦 "大和" を詳細に再現した10分の1の姿を観ることです。

Dscn8498_2 Dscn8497_2

Dscn8494 Dscn8509

今日の予定はこの後まだありました。
明日の大会の後にある懇親会では、私達5人はフラダンスの余興をやることになっています。
Nさんの奥様がプロ級の踊り手なのですが、私たちは全くの無知。
そこで某場所での特訓となりましたが、男二人にとってはなんとも度胸のいる出演となりそうですね。

Dscn8526

Dscn8529_2 Dscn8532_2

Dscn8538

ホテルに戻った後、気を取り直し、フロントで聞いた"海軍さんの麦酒" の店を訪ねました。
各種のビールを飲みながら、先ほどのリハーサルでの姿を振り払い、明日の大会に向けての検討を誓い合いました。

Dscn8540 Dscn8547

Dscn8542 Dscn8543

大会本番に続く。


« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »