無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年1月

2016年1月 9日 (土)

湯けむりの鉄輪温泉

1月5日

亀の井バスを利用して、午後4時過ぎに鉄輪温泉に到着。
宿はもと湯の宿 "黒田や" です。

Dscn8255

こちらの温泉は、もちろん源泉かけ流し加水加温は一切なしと、私たちの選定条件を満たしています。
部屋の窓からは、背後にある白池地獄から立ち上る湯けむりが、そして黒田やの源泉施設の二本の煙突からは勢いよく湯けむりを噴出しており期待を持たせてくれました。

Dscn8184 Dscn8182

源泉の温度は98度ありますが、加水することもなく特殊な装置を通すことにより適温の湯を引き入れています。
食事前にまずはその温泉に入りました。 内風呂と半露天があります。
泉質はナトリウム系なのでほのかな塩味がします。

Dscn8169 Dscn8172

今宵の夕食は豊後牛のしゃぶしゃぶがメインです。
飲み物は、地酒の清酒八鹿、そして宿からのプレゼントとして、これも地元安心院の赤ワインでした。
Dscn8147 Dscn8152

Dscn8140 Dscn8141

その他諸々の一品。
Dscn8137 Dscn8138 Dscn8142
Dscn8143 Dscn8148 Dscn8153

夕食後は最上階のラウンジにいき、カクテルを一杯。
そしてベランダに出て眺めた湯けむりたなびく夜の鉄輪、別府八湯のなかでもいちばん温泉らしい雰囲気が味わえると言われていることも良くわかりました。

Dscn8168

部屋に戻る前にロビーにて一休み。
Dscn8156

就寝前に再度温泉に浸かったことは言うまでもありません。

1月6日

夜も明けやらぬ、5時過ぎに朝ぶろに入りました。
さすがに露天は寒かったですが、熱めの湯なので体を浸せば気持ちよかったです。

そして、早朝の鉄輪の町をベランダに出て眺めると、温泉地らしい湯けむりの風景が広がり、別府方面に目をやると遠くに高崎山も望むことができました。

Dscn8195_3

Dscn8193_3

鉄輪地区には八つの地獄があり、地獄めぐりが観光のメインです。
その中の六つの地獄が、ホテルから徒歩圏内にありました。
今日はその中の三つを訪ねました。

ボコボコと音を立てながら、坊主頭のような熱泥が噴出している坊主地獄です。
坊主頭を撮るタイミングが合わず苦労しましたがなんとかクリアしました。

Dscn8207

Dscn8219 Dscn8208

園内にある足湯に家内は早速浸かりリラックスしてました。
もう一か所足湯がありましたが、ここは45度以上はありそうで、さすがの家内も長湯できませんでした。

Dscn8216

次に向かったのが海地獄。
一昼夜に150万ℓの湯が沸き出ているそうで、湯色は涼しげな青色ですが熱気に包まれた98度の灼熱地獄です。
湯けむりが凄くて青池を観察するのに苦労しました。

Dscn8229

Dscn8232 Dscn8231

出口にあった小さな蒸し饅頭買って食べました。 600円なり。
Dscn8239

最後にかまど地獄を訪ねました。
ここにはバラエティーに富んだいろんな地獄があります。

Dscn8240  Dscn8247_2

Dscn8242  Dscn8249

家内はお試しコーナーで必ず実践。
飲む温泉→80度と高温で塩味ですが体には良いのでしょうね。
次ののどと肌の湯では、湯けむりに近づき、口もあけて・・・・・・。

Dscn8243  Dscn8245

再び足湯がありました。
何故かここの家内は楽しそう。
周り全員が韓国の観光客でした。

Dscn8251

地獄の後はみゆき坂、いでゆ坂と歩るきながらの町見物。
道路の隙間から湯けむりが、そして蒸し料理を体験し食べさせる施設もありました。

Dscn8254_2

Dscn8253 Dscn8252_2

今回は温泉を満喫するための旅行なので、午後も早い時間にホテルに戻り入浴三昧。

当初の予定では、夕食のメニューは、二日間とも肉が中心で、豊後牛の肉しゃぶ、すき焼きとつづくところ今宵は蒸し料理をメインに変更してもらいました。

Dscn8263

その他の一品です。
Dscn8256_2 Dscn8257 Dscn8258

Dscn8265 Dscn8266 Dscn8268

1月7日

やっと帰る日になって青空がのぞきました。
昼前に別府駅まで送ってもらい、駅前通りを海岸に向かって歩き別府タワーの展望台に上ってみました。 大阪通天閣に続く3番目のタワーだそうです。

さすがに好天に恵まれ、別府湾の右て方面には空港もある国東半島、別府の町の先には鶴見岳、大分市方面には高崎山と、良く望むことができました。

Dscn8281

Dscn8285 Dscn8286

Dscn8287

朝ごはんもしっかりと食べたので、お昼はデパートのパン屋さんでパン一つと無料のコーヒーで済ませ、リムジンバスで空港に向かいました。

鉄輪温泉はほんとに温泉地らしい雰囲気もあり、温泉そのものも2人とも大満足でした。
しいて言うならば、宿の食事が二人にとっては少々多すぎだったか・・・。
滞在中もう少し青空が覗いていたら・・・・。しかし暖冬でなによりでした。

ということで新春温泉の旅大成功でした!!       完 

2016年1月 8日 (金)

新春の旅は大分へ

1月5日

2016年の旅第一弾は温泉地。
正月明けで静けさを取り戻したであろう別府鉄輪温泉を訪ねました。

伊丹空港午前8:40発大分空港行のJAL便です。
空港案内板にはこの時点での気温が現地10度となっていましたが、結果的に日中の気温は13度と、持参したダウンジャケットも不要となりました。
昨年の同時期に訪ねた吹雪の函館と違い、ほんとに今年は暖冬そのものです。

Dscn8074

大分空港到着後、真っすぐ別府には向かわず、レンタカーを借りて国崎半島を北上し、宇佐神宮へと向かいました。

宇佐神宮には小一時間で到着です。
仲見世通りを歩きながら前方に見える鳥居へと向かいました。

Dscn8106

この大鳥居をくぐると表参道へと続きます。
Dscn8077

さらにこの階段にある鳥居をくぐって上っていくと西大門に到着、ここを通過するといよいよ上宮本殿です。

Dscn8082 Dscn8084

宇佐神宮は全国四万社余りある八幡社の総本宮です。
国宝に指定されている上宮本殿は、一之御殿、二之御殿、三之御殿と、三棟が並んでいます。
しっかり二人でお参りしてきました。

Dscn8085 Dscn8090

Dscn8094  Dscn8088

本殿前には、樹齢800年の御神木、大楠があります。
2人手を触れてパワーを授かりました。・・・・私は吹矢への強い力も授かりました。

Dscn8091

ここ上宮とは別に下宮もあり、上宮と同じ御祭神が祀られています。
下宮参らにゃ片参りといわれるそうなので、私たちはしっかりとこちらもお参りしてきました。

Dscn8095

Dscn8096 Dscn8097

参拝を終えると丁度お昼時、仲見世通りにある食べ処で、大分名物のだご汁をいただきました。昔食べた"だご"はこんなに切り揃えられていなかったのですが・・・・。

Dscn8105

宇佐神宮を出発、今度は国東半島を南下し、半島の首の根っこ部分にある町、杵築を訪ねました。
ここは九州の小京都といわれた城下町です。
映画、テレビのロケ地としてもよく使われた街並みがあるそうで、少しだけ歩いてみました。

Dscn8110

武家屋敷の路を歩きました。

Dscn8123 Dscn8124

Dscn8125

今回一番気に入った坂道です。
酢屋の坂と塩屋の坂が相対している風景が、何とも言えぬ趣を醸し出していました。
まずは酢屋の坂を上から、着物姿の女性が美を添えていました。
しかし、二人の女性に近づいてわかりました。日本語でないことが・・・・。

Dscn8111 Dscn8113

私たちも坂の途中で記念に撮りました。
Dscn8114_2 Dscn8115_2

そして道路を隔てて、対をなす塩屋の坂から酢屋の坂を眺めました。
この辺りからが最高のビューポイントでしょうね。
それぞれ坂の下には昔は酢と塩を扱う店が構えられていたそうです。

Dscn8118

三十分ほどの散策でしたが、初めての小さな町で私自身意外と趣きを感じることができました。

家内曰く、京都の素晴らしさを知っているから云々・・・。
折角気に入ってくれるかと計画に組み入れたのに・・・・・。

この後別府湾沿いに走り、別府市内でレンタカーを返却し本日の宿のある鉄輪温泉へと向かいました。・・・・・・(続く)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年3月 »