無料ブログはココログ

« フリータイムを愉しむ&帰国 | トップページ | ワンマン電車で帯広出発 »

2015年7月 3日 (金)

帯広は寒かった !!

6月26日

今年も北の大地を訪ねました。

素敵な友あり、素晴らしい景色あり、美味しいものあり、これらの三要素をおりまぜながら、今年も私たちにとってのゴールデンコースを辿りました。

直前の天気予報では、出発が近づくにつれ悪い方へ向かっており、折角本土の梅雨を逃れて爽快な旅をと思っていたのですが、天気に関しては当てが外れてしまいました。

北海道もシーズン入りとあってか、いつもの伊丹朝一出発がかなわず、関空午後便での出発、しかも満席とあって大変でした。 千歳到着は午後3時半、気温は22度で曇り。

帯広行き電車の出発までそんなに余裕もなく、しかも私たちはジパング倶楽部会員なので手帳記入等々で大変手間がかかりましたが、手際よく処理してもらい5分の余裕で乗車。

001

帯広に着いたのが午後6時過ぎ、小雨交じりで肌寒い中、駅側にある帯広での定宿ホテルふく井へ入りました。(駅前で唯一のモール温泉源泉かけ流しのホテル)

明日は、音更町のFさん宅を訪ね、1日行動を一緒してもらうことにしてます。
とりあえず、家内はAちゃんのご仏前に供えるお花を事前調達。
夕食はホテル内のレストランで済ませました。
このホテルでは、朝食は洋食、和食、中華粥定食と好みで選べてとっても美味しいです。
夕食に選んだメニューもしかりでした。シェフお任せとし、スペイン風料理をいただきました。 もちろんワインを・・・・・。
このあとモール温泉に浸り早めに就寝しました。

003 004_2 006_2

007 008 009

012

6月27日

朝八時半にFさんの迎えで自宅に向かいました。
十勝大橋を渡るとFさん宅も直ぐです。

013

ご仏前にお花を供えお参りさせていただいた後、ご夫婦との再会を喜び、本日の案内コースの説明を受けました。
私のほうからは事前に十勝南部方面をと希望していました。

コースは十勝川河口に向けて南下し、太平洋岸に点在する原生花園を訪ねながら襟裳岬方面に向け走り、昼ごろ広尾町に到着し、美味しい魚の昼食をとることにしました。
観光客はまず来ないようなマニアックな場所訪問です。

このコースには、人為的に手が加えられず、自然の状態で花が咲いている湿地帯が多く点在しているのです。
豊北原生花園ではハマナスがワイルドに咲いてました。

035 038

041 032_2

途中、牛が放牧されている牧場で大変面白い現象に出くわしました。
その主人公は家内です。
左写真、はるか向こうに牛の群れがのんびりとしていたのですが、その方向に向かって、家内は日頃から鍛えている自慢の喉で、「オーイ みんなこっちにいらっしゃーい」 何度か繰り返すうちに右写真のようにぞろぞろとやってきたではありませんか。

019 021

とうとう家内の前に全牛が勢揃いしました。 Fさんと2人で"ヤッター"と写真に収まりました。

027 028

といってもいつまでも付き合えないのでさよならしました。 
北海道の牛は人懐こいですね。 つかの間の感激でほんとに牛さんありがとう。
普通のたびでは味わえないようなことがを経験できました。
029

次に向かったのが長節湖の野生植物群落です。
とにかく人の手のはいったお花畑ではないので、野生のままなのです。

050

048 059

058 061

この一角にある、十勝ホロカヤントー竪穴跡地にも立ち寄りました。
太平洋沿岸の小高い丘の上の縦穴式住居跡地であり、5メートル前後の方形に近い穴が掘られ、その上に建てやがつくられていたそうで復元されていました。

051

草が生えて分かりづらいが、その穴の前に立ってます。
最後の写真は復元されたもの。

055 056

062 052

ドライブ途中での光景。 飼料用に草が刈られロールにされてました。
北海道ですね・・・。
042 044

お昼に広尾の町に到着。
鮭の水揚げ港でもあり、Fさんのお勧めで 「味の八幸」 というお店で、あの貴重な トキシラズをメインに、ソウハチカレイ、メイタカレイを焼いてもらい焼き魚定食を大変美味しくいただきました。

063

次に幕別町にある、ここも知る人しか知らない、ナウマン象記念館を訪ねました。
1969年に農道工事で偶然発見されたのが巨大な象の化石です。
氷河時代の寒冷な気候に適応し、数万年前までは日本にも生息していたそうです。

十勝南部はあちこちに大小の湿原が存在しており、泥炭の中では生き物の死体もあまり分解されないことから発見されたようです。

068 067

072 069

途中、Fさんの出身校、帯広畜産大学にも立ち寄りました。
校歌?の碑も写してというのでそれも・・・・。

077 076

学内にあるカフェでソフトクリーム食べようとしましたが、私は床に落としてしまいました。
ところが何と親切にも、再度つくり直してあたらしいものを出してくれました。

074 075

以上、通常では味わえないようなマニアックなコースを完走しました。

このあと一旦私たちはホテルに送ってもらい、Fさん夫婦は自宅に戻り、再度全員が音更町にあるお寿司屋さんに集合することにしました。

その前に余りに帯広が寒いので、家内はデパートに立ち寄りスパッツを購入しました。
このとき、駅前の温度計は13度を指していました。

080 079

お寿司屋さんで
085 086

089 091

087

今宵は調子に乗って、再度帯広市内のスナックに向かい、カラオケと相成りました。
私の歌は絶好調で97点と高得点。ママさんからは今月の最高点と言われました。
店内に名前と得点が貼り出されるそうですが、その確認はFさんにまかせて・・・・・。

094 096

ママさんにも入ってもらい撮りました。
099

今年もFさん夫婦と愉しい1日を過ごすことができました。
毎回私たちのためにお付き合いいただき大変感謝しております。
ありがとうございました。

明日は富良野、美瑛に向かいます・・・・・(続く)

« フリータイムを愉しむ&帰国 | トップページ | ワンマン電車で帯広出発 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451774/60604639

この記事へのトラックバック一覧です: 帯広は寒かった !!:

« フリータイムを愉しむ&帰国 | トップページ | ワンマン電車で帯広出発 »