無料ブログはココログ

« ワンマン電車で帯広出発 | トップページ | 小樽・札幌で旅友と再会 »

2015年7月 5日 (日)

旭岳 & パッチワークの丘

6月29日

早朝窓の外を見やると、雲間からは青空が見え、久しぶりに好天の予感です。

216

プレイルームの庭越しに観る十勝岳の遠景も悪くはない、今日の旭岳登山に期待を膨らませながら、8時きっかりに美味しく朝食をいただきました。

215  213

先ずはペンションのある丘をあとにして小1時間かかる旭岳に向けて出発しました。
ほんとに今日はすがすがしい朝です。途中にみる麦畑の丘も空とのコントラストが素晴らしい景観となっています。

220

旭岳の麓にある旭岳温泉に着いたのが午前十時過ぎ、ここから望む旭岳の頂も顔をのぞかせ期待が持てます。

222 223

この温泉地には、あのスノーボードの銀メダリスト竹内智香さんの実家が経営する湧駒荘があります。私たちも三年前に宿泊しましたが、源泉かけ流しの素晴らしい温泉です。
今日は下山後立ち寄り湯させてもらいます。

こちらの敷地内に大雪旭岳源水の "源水" があり、だれでもが利用できる簡易水汲み場かあります。早速2人のペットボトルを満杯にしてロープウェイ乗り場へと向かいました。

224

1100mの地点に旭岳ロープウェイ乗り場があり、1600地点にある姿見の駅まで、およそ10分かけて上っていきました。

226

ロープウェイを降りると、ガイドの方から散策路について注意事項等のガイダンスを受けます。 残雪があるため私たちは長靴を借りて山道へと入っていきました。

227 232

ここはなだらかな道もあれば、雪道もあり、石ごろごろの道もあって、アップダウンも相当ある一周1.7キロの散策路が続きます。前回は三分の一の行程であきらめましたが、今回は完走あるのみ。
ちなみに頂は2300mですぐそばに観えているのですが未だ死にたくないですから・・・・。

249_2 253

271 237_2

今年も途中の展望台に特殊な一団がいました。
みんな望遠カメラを旭岳ではなく、ハイマツ林に向けています。
前回来た時は、何やってるんですか? と家内はその一団近づいたのですが、今回は違いました。

"ギンザンマシコ" 撮ってるんでしょ? 家内は自信を持ってその一団に近づく。
そうだよ、よく知ってるね・・・。
これですんなり輪の中に溶け込みました。 しかも京阪大和田近くに住んでいた人もいて、長々と時間をつぶしてしまいました。 ちなみにギンザンマシコとは鳥なのですが、お目にかかれませんでした。

246

左写真の池は徐々に水面を覗かせていましたが、右写真、後方には水面に旭岳を映し出すといわれている姿見の池があるのですが、水面もなく、まだまだ先のようです。

242 266

散策路で最も高い位置にある展望台に到達。1665mなり。よく頑張りました。

268

麓からはくっきり見えた山頂もこの時点では見えなくなりました。
やはり活火山ですね、どこからでもゴーゴーと噴煙を上げる音が聞こえてきます。
そのすぐそばまで行ける道があったのですが、昨今のこともありやめました。

273

未だ時期的に早かったのですが、もう少しすれば高山植物の咲き誇る景色が堪能できるそうです。 それでも散策途中にはエゾツガザクラ、メアカンキンバイ、チングルマ、キバナシャクナゲ等々の高山植物に出くわすことが出来ました。

236 238

241 240

この丘陵地では群落を形成してましたが、もう少しすればさらに素晴らしい花園となることでしょう。

260 263

散策路も無事完走、木道を通ってロープウェイ駅に到着。
2人が未だに健脚家であることを証明しました。
最近思うのですが、家内が年々脚が丈夫になってきたことです。
街歩き中心の旅行も多いので、そのためにも日頃から鍛錬しているのでしょうかネ。

279

ロープウェイで麓に戻り湧駒荘へ、ロビーには竹内選手の活躍写真が飾られてました。
予定どおりここの温泉に浸かり疲れを癒してから美瑛の町へと下っていきました。

Dscn0159 284_2

美瑛のパッチワークの丘を駆け巡りました。
とにかく昨日までの天気があまりにも期待はずれだったので、今日の空の青さに映える丘の姿が心地よくさせてくれました。 写真でご覧ください。

青空に向かう麦畑。 右写真はマイルドセブンの丘です。
291 313

赤い屋根の家
288 318

四季彩の丘にて満開近し
294 302

300 305

左親子の木。 右哲学の木
311 319

最後にケンとメリーの木をバックにまだまだ元気な2人。
309

ペンションweに帰ってきました。
明日は美瑛を離れるので、この好天気を逃してはならじと、早速広場に出て十勝岳連峰をバックに撮りました。この一角から見る十勝岳連峰の景色はどこよりも素晴らしいです。

322

定刻七時から夕食、今日はメインテーブルで、私達一組だけです。
昨夜の赤ワインの残りに白のハーフを追加しました。

329

327 328

331 336

こちらのペンションは何度か利用させていただいてますが、朝夕の食事は多からず、少なからず質重視で程よい満足を与えてくれますし、テレビもラジオも新聞もなく、丘の上の雑木林に囲まれた静かな環境に身をゆだねる・・・・・たまには都会の喧騒から離れてこんな時間をもつこともいいのでは・・・・・とも思いますが、次回はこっそりとラジオ持参しましょうかね。なにしろニュースオンチになるので。

昨年は十勝の山の紅葉を訪ね、その素晴らしさに堪能しましたが、美瑛の平野部の紅葉も素晴らしいと聞いているのでそのころweさんを起点にして巡りたいですね。

明日は美瑛を発ち、帯広の友人に会います・・・・・(続く)

« ワンマン電車で帯広出発 | トップページ | 小樽・札幌で旅友と再会 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451774/60631606

この記事へのトラックバック一覧です: 旭岳 & パッチワークの丘:

« ワンマン電車で帯広出発 | トップページ | 小樽・札幌で旅友と再会 »