無料ブログはココログ

« オプションこなしながら帰阪 | トップページ | マドリード&トレド観光 »

2015年4月26日 (日)

初のスペイン旅行

4月18日

海外旅行と云えばヨーロッパ一辺倒の私たちですが、未だ未踏の地でもあるスペインに向け旅立ちました。

今回は初の訪問地なのでツアーに参加しました。
添乗員付きでしたので、個人旅行のような徹底的な事前調査はしなくてよく、その点は楽でしたが、フリータイムがあるのは最後の都市バルセロナの半日のみで、そのほか4都市を駆け巡るのですから忙しい旅でもありました。

今回のJALパック主催旅行名は "たっぷりスペイン世界遺産紀行8日間" でした。
大阪からは私たちだけ、他に名古屋、埼玉、北海道などから総勢17名が参加しました。

今回は珍しく国際線の出発は羽田からです。
伊丹を朝8時30分発で羽田へ、到着後バスで国際線ターミナルへ移動し、添乗員とツアー参加者と合流し出発ロビーへ。

001

スペイン最初の都市マドリードにはJALも直行便がなく、先ず乗り継ぎ空港であるロンドン・ヒースロー空港へと飛び立ちました。

座席は横に3・3・3の配列です。(もちろんエコノミー席ですよ・・・・)
容易に席を離れることができるように、いつもは中央部通路側を希望するのですが、今回は早め予約の特典を活用して、通路を挟んだ並び席としました。
家内は早くも臨戦態勢に・・・・・・。

016 003

離陸後日本海を半分ほど飛んだところで昼食となりました。

005

先ずは食前酒に赤ワイン、お水は摩周湖産。

004 012

JALの食事は他の航空会社に比べても良いほうだと思います。

010 011

ユーラシア大陸を横断、下界には白い大地が延々と続きます。

013

12時間の長旅なので、気晴らしに映画を観たり、囲碁ゲームをしたりで時間を費やします。 昔に比べれば前面画面もかなり大きくなり大変観やすくなりました。
ちなみに映画は釣りばか日誌、画面はシネマスコープですね。
後はひたすら寝ることと、時折席を立って運動にこれ努めました。

015

ユーラシア大陸を渡りきり、スカンジナビア半島に近づくころ朝食が出てきました。
先ずは食前酒としてビールを。
食事は、エアーモスと書いた袋の中にモスバーガーの具材として、肉、たまねぎ、トマト、ソースが入っており、手作りでどうぞとのことですが、モスなんてほとんど食べたことないので、適当に挟み込んで手べちゃべちゃにしてかぶりつきました。

018 020

019 021

ヒースロー空港に夕刻到着。
昨年はここで降り立ち、ロンドンの街歩きを愉しんだのですが、今回は乗り換えです。
ターミナルが5つもあり、乗換え搭乗口に到達するのに歩くと10分、20分とかかるようです。
添乗員がいたので問題なかったのですが、個人旅行では悪戦苦闘することでしょうね。
ヒースローは荷物検査も厳しいです。実は帰国時この空港で2人にハプニングがありました・・・・・・。

026 025

搭乗口で一休み。 
028

マドリードまでのフライト時間は二時間半、飛行機はリベリア航空で、清掃もしたとは思えない、飲み物のサービスもないいわゆる格安航空の感じでした。
ちなみに帰国時のヒースローまでのブリティッシュ航空ではちゃんと軽食も飲み物も出ました。
027 030

夜10時前にマドリード空港に到着。
到着時間も遅く、ターミナル内は静かでしたが、横に長い素晴らしく造形美のある内装でした。

036

ホテル到着は11時過ぎ。さすがに疲れました。
このあとはバタンキュでした。・・・・・(続く)

040 041

 

« オプションこなしながら帰阪 | トップページ | マドリード&トレド観光 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451774/59779435

この記事へのトラックバック一覧です: 初のスペイン旅行:

« オプションこなしながら帰阪 | トップページ | マドリード&トレド観光 »