無料ブログはココログ

« スペイン南部の都市へ | トップページ | セルビアから最終バルセロナへ »

2015年4月28日 (火)

世界遺産アルハンブラ宮殿へ

4月21日

昨夜はホテル到着も遅く、今朝起きてその佇まいも良くわかりました。
かっては修道院だった建物がホテルに改装され、別棟は低学年の学校になっていました。

323_2 326_2

建物内部には中庭があって複数のレモンの木が植えられており、果実が生り香りのある花も観察できました。

327 330

ホテルを発つ前に4組の夫婦が揃って記念撮影しました。
偶然ですが右端ご夫婦のご主人は大学の同じ学部の後輩で新婚旅行での参加でした。

331

アルハンブラ宮殿に到着。
スペインで最も訪問客が多い世界遺産の一つで、1万4000㎡の広大な敷地に宮殿や城塞が点在してます。

メインの宮殿に入るには入場許可時間が決められており、それまでの時間を利用して少し離れた丘にあるヘネラリフェに向かいます。
本日のガイドは現地の方で事前説明を受けました。 時に日本語のジョークも交えます。

335 336

ヘネラリフェは"水の宮殿"と呼ばれる離宮で、代々の王が休暇を過ごした緑の木々であふれ、水の音が響く庭園に囲まれた別荘です。

337 338

ヘネラリフェの入り口手前の前庭からは、アルハンブラ宮殿とグラナダの町並みが見渡せる絶好のスポットです。

342 340_2

ツアー参加者全員で記念撮影しました。
345_2

一番の見所は掘割のある中庭、左手には回廊が続きます。
家内はガイドと一緒に。

347 351

回廊より眺める町並み一枚の絵になります。

354

ヘネラリフェを出る前に添乗員のお勧めのポイントで撮ってもらいました。

359 

いよいよ宮殿本体へ向かいます。
364_2

アルハンブラ宮殿で一番の見所はかっての王の住居空間ライオン宮です。
コーランに書かれた天国をイメージして作られたライオンの中庭。

403 396

ライオンの口からは四方に水が流れ天国の川を意味している。

406

王の公的な住居コマレス宮の中庭、両サイドから撮りました。

389_2 373_2

柱の森、124本の柱が森のようです。アーチ型部分には繊細な漆喰細工がなされてます。

391

望楼を覗くと天井には色彩豊かなステンドグラスが。他の部屋の天井も大変芸術的で見ごたえがあります。

411 409

回廊からは青い空に白壁の家々がよく映えた南スペインらしい景色が。

418

説明も熱心に聴きました。
イヤホンガイドの役割はすごいです。 ただ混雑していると声は聞こえるが、ガイドはどこだということもあります。
370 367

本日の昼食は、スープにイカ墨ライス、もちろん地元の美味しいビールも。
レストランの入り口でも撮りました。

428

424 426 422

昼食を済ませ、次に向かったのがセビリアです。
途中断崖絶壁の町、ロンダに立ち寄り散策しました。
アンダルシア地方の山間部に位置し、街を守る天然の要塞となった。

442

437 446

生ハムの店に立ち寄り皆で試食したが購入者おらず。結局添乗員が犠牲になりました。
闘牛場もありました。

452 443

短い時間の散策でしたが、函館と札幌から参加のお二人と親しくなり、途中のカフェでトイレ休憩しました。

453 454

セビリアに到着。
今宵はホテルでの夕食です。
参加者の中に誕生日の方が2人いてケーキを前にささやかにお祝いしました。
何故か家内が指名され一曲プラス誕生日の歌でその場をリードしました。
料理のメインは白身魚のソース和え、この魚(カレー)は揚げたものをベースにしていたので問題なくいただきました。

461 462

459 460 463_2

ホテルに戻る途中にフラメンコ風に着飾った姿や馬車があちこちに見られました。

464 466

今晩は春祭りでどこかの広場でフラメンコ等々賑やかなようなのですが、ホテルからも遠く、今日は強行軍でもあったのでホテルでゆっくり休むことにしました。

明日はセビリア観光のあとバルセロナに向かいます・・・・・・・(続く)

« スペイン南部の都市へ | トップページ | セルビアから最終バルセロナへ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451774/59807758

この記事へのトラックバック一覧です: 世界遺産アルハンブラ宮殿へ:

« スペイン南部の都市へ | トップページ | セルビアから最終バルセロナへ »