無料ブログはココログ

« 初のスペイン旅行 | トップページ | トレド到着 »

2015年4月27日 (月)

マドリード&トレド観光

4月19日

昨夜遅くホテルに到着、睡眠もたっぷりとらなくてはならないのですが、海外旅行では一度目が覚めると2度寝は難しくなにかしらごそごそと行動が始まります。
ということでこの朝も5時には起床となりました。

ホテルの窓越しには、建物群の黒いシルエットの上空に白々と空けてくる青空を眺めることができました。天気は良さそうです。
8時には入り口前に荷物だし、そして朝食と続き、9時にロビーに集合した後バスに乗り込み市内観光が始まりました。 最近はイヤホンガイドが各自に与えられるので説明を聞くにも大変便利で100m位離れていても聞き取れます。

042 044

最初に向かったのがスペイン広場、ここにはドンキホーテの原作者、セルバンテスの没後300年を記念して建てられたモニュメントがあり、セルバンテスとドンキホーテと従者の銅像を観ることができます。

 046

モニュメントをバックに撮りました。
 052 050_2

ツアーの旅はほんとに楽です。
バスによる送り迎え、しかも今回の参加人数ですと1人で二席確保でき移動も楽チン。

056_2

プラド美術館到着です。
既に正面入り口には人の列、団体客は別の入り口から入場です。

058 060

ここはヨーロッパの三大美術館のひとつで、スペイン王室の絵画コレクションが展示されており、代表的なものとしてはゴヤの裸と着衣マハ、同じポーズでの2枚の作品。
ベラスケスのマルガリータを主役に描いた女官たち。
エルグレコの聖三位一体があります。

002_2 003_3

004_3 005_2

次に訪れたのがスペインが生んだ天才画家、ピカソ、ダリ、ミロなど20世紀の現在美術を集めたソフィア王妃芸術センターです。
近現代美術館とあって建物にもモダンなところがあります。

065 071

何といっても有名な作品はテレビや雑誌で一度は目にしたことのあるピカソの "ゲルニカ"
縦3.5m、横7.8mのモノトーンの作品です。
ゲルニカとは都市名、ドイツの空襲で多くの死者を出し町も消失、そのときの泣き叫ぶ声が聞こえてきそうな大作です。

001

ダリとミロの良くわからない抽象画2点。
067 006

個人的には印象派の絵画鑑賞が一番好みなのですが、こうした特異な作品の実物に会えるチャンスができてほんとに良い思い出になりました。

066

このあと徒歩で王宮広場へ
074

美しい広場、そして顔だけ透明で帽子の浮いたパフォーマンス
そういえばロンドントラファルガー広場でもこの種のパフォーマンスありましたね。
076 082

私たちは広場の中央でまじめに撮りました。
右の日傘の写真はパフォーマンスではありませんよ。
家内は時折日傘を利用してました。とにかく今回は日差しもきつかったので。
ただ、今回の旅道中どの都市でも日傘を利用している人は家内以外誰一人見かけませんでした。

080 079_3

085_2 

本日はパエリア専門店でのツアー付きの昼食です。

097

左はムール貝、エビ入りカレー風、右はイカ墨パエリアです。
スペインでは本場のパエリア食べるぞと意気込んでいましたが、一度経験すれば良いなの感じであり、私にはしょっぱ過ぎました。

088 089

各人に皿に取り分けられ出てきました。 まあこんなものか・・・・・。

091 092

昼食のあと、バスに乗り込み世界遺産都市トレドに向かいました・・・・・(続く)

« 初のスペイン旅行 | トップページ | トレド到着 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451774/59788661

この記事へのトラックバック一覧です: マドリード&トレド観光:

« 初のスペイン旅行 | トップページ | トレド到着 »