無料ブログはココログ

« マドリード&トレド観光 | トップページ | スペイン南部の都市へ »

2015年4月27日 (月)

トレド到着

4月19日 午後

マドリードの南70km、古代ローマ時代からの要塞都市で歴史的建造物が多く残る世界遺産都市トレドに約2時間で到着しました。

先ずトレドの全貌が見渡せる対岸の展望場所へ。
川を隔てた小高い丘陵地に街が拡がっていました。

106_2

早速世界遺産をバックに2人で写真に収まりました。
ツアーでは添乗員を始めシャッター係りに困らないので二人並んでが多くなりました。

102_2

目の前にトレドの小動物発見
103

ホテルは街の中央高台に位置する "アルフォンソ6世" です。
大きな建物群の一角にあります。

170 115

古都のホテルらしくエレベーターの扉は手で開けます。階段の踊り場にはこんな戦士の鎧姿がありました。 私はホテル入り口前にて。

166 169_2

とりあえず皆さん部屋に荷物を納めたあとホテル前に集合して街歩き出発です。
ちなみに今回の添乗員は添乗歴33年、満足度90%以上のスーパーTCでした。

165

最初に行ったのがトレドの伝統工芸である象嵌細工(金細工)の工房、ツアーではこういった場所に案内することが多いです。
皆さんは見学するだけで購入する人はいませんでした。
作品としては素晴らしかったので写真に収めました。

112 113

トレドの街で最も有名な建造物はスペイン全土のカトリックの総本山である大聖堂
カテドラルです。建物の間から鐘楼が見えてくるとすぐ全貌が飛び込んできました。

162 160

中に入ると、複数の礼拝堂、総大理石の床、見事なステンドグラス、貴重な絵画や宝物もあって、これまで色んな国で大聖堂観てきましたがぴか一でした。

高さ30mの主祭壇です。建物はルネサンス様式ですが祭壇はゴシック様式です。

137

部分的に切り取ってみました。
151 150

必見は聖体顕示台です。
中央の台は総純金。総純銀製で緊迫が貼られており、本物の宝石を使用。
年に一度聖体祭の日に外に運び出され聖体行列でお披露目されます。

128 124

約750枚ものステンドグラスが素晴らしいです。

153

118 122 123

どこの都市でもそうですが、現地案内人(日本人に限らず)がガイドを務めます。
さらにスペインの公認のエキスパートが付いていないと罰せられます。
公認者は説明するでなくただ付いてくるだけですが・・・・・。
どの都市でも勝手に添乗員もしくは案内人がガイドすることはできないのです。

130

エルグレコ作の"聖衣剥奪"もしっかり観ることができました

143 145

天井を見上げると素晴らしいフレスコ画、内部の造りもいいですね。
141_2 148_2

134_2 136

大聖堂の見学も終わり聖堂をバックに二人揃って。

159

夕食は外のレストランで、ツアー付きの食事でお題は"牛肉料理をメインとする夕食" なのですがどうなんでしょうか。
全体を通して云えることですが、ツアー付きの食事ですから期待するのがおかしいのですがいまひとつでした。 自由にレストランも料理もチョイスできる個人旅行には勝てません。
ワインは個人負担ですから、これは旨かったです。

172 174 173

今日はトレドのメインを観光しました。
サントトメ教会にも行ったのですが余りに大聖堂が素晴らしかったので記憶も飛んで、写真もないのでパスしました。

なによりも素晴らしいカテドラルを訪ねることができ最高でした。明日はコルドバへ向かいます・・・・・・(続く)

« マドリード&トレド観光 | トップページ | スペイン南部の都市へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451774/59793992

この記事へのトラックバック一覧です: トレド到着:

« マドリード&トレド観光 | トップページ | スペイン南部の都市へ »