無料ブログはココログ

« アントニ・ガウディを訪ねる | トップページ | 帯広は寒かった !! »

2015年4月30日 (木)

フリータイムを愉しむ&帰国

4月23日 午後

サグラダ・ファミリアを堪能し、一旦ホテルに戻ったあと夕方までフリータイムでした。
今宵は夕食がセットされていましたので、近場でホテルのすぐそばに広がる街の中心カタルーニャ広場から延びるランブラス通りを歩くことにしました。

617

その前に、広場に沿って立つ百貨店で土産の品定めと、食料品を調達しホテルの部屋で腹ごしらえしてから歩くことに決定。

728 729

カタルーニャ広場で撮りました。 ほんとに今日も天気が良いですね。

727 619

今日の街中は、カタルーニャ祭りでどこも大混雑してました。
歩いたランブラス通りはバルセロナの中心部を貫く目抜き通りで、緑豊かな並木道の両側に露店や屋台が立ち並び最終バルセロナ港まで続いています。

586_2 590_2

757 759

お祭りでは男性が女性にバラの花を渡す慣わしがあるとのことであちこちの露店で3ユーロで売られてました。

585 589

ランブラス通りから左にそれて進むとゴシック様式の華麗なる街の象徴、バルセロナの守護聖女が安置されているカテドラル(大聖堂)の前にやってきました。

739 731

734 736

ランブラス通りの中間にあるのがボケリア市場です。
市民の台所で食材がひしめき合っています。 バルやテイクアウトの店もあります。

613 

外国の市場でいつも感心するのが果物類の豊富さと、その陳列の美しさです。
今回も目を楽しませてくれました。

595_2 596_2
赤いのはザクロです
601 600
色とりどりの乾燥干し果物です      香辛料がつるされてます
599 610

家内はオリーブを購入しました。さすがにオリーブの国ですね。
784 785

ランブラス通りの終点がバルセロナの港です。
港に立つ60mの塔の上にそびえるのが新大陸を発見した、あのコロンブスの像です。

746 751

740_2 753_2

この天気ではアイスクリーム食べるに限ると、早速購入し海辺に腰掛けて海をみつめながら外国を満喫・・・・そういえばこの海は地中海なのですね。

743 747

夜は街のレストランでの夕食がセットされていましたが、その内容に皆さんがっくりしました。やはり食事は自前でチョイスするのが一番ですね。

762 763 764

まずくても一応お腹には入れましたので・・・・・。
食事の帰りに夜のカタルーニャ広場に行くと、光の広場となり美しく輝いていました。

770 768

4月24日

帰国の朝、昨日のあの喧騒もなく静まり返った広場で余韻に浸りました。

772 776

バルセロナを飛び立ち眼下のピレネー山脈を越えてロンドンヒースロー空港に到着
798 791

三時間以上の乗り継ぎ時間があったのでたいへんでしたが、免税店を覗いたりお茶したりして時間をつぶし帰国の途に着きました。

792 794

以上でスペインの旅全行程が終了しました。
今回はツアー参加ということで精神的に安心感はありましたが、メニューも訪ねる都市も盛り沢山でスケジュール的にきつい面がありました。
ただ駆け足でしたが終始好天の中、数多くの世界遺産にも接することができその点は満足してます。 ただツアー付きの食事は残念ながら不合格でした。

次にツアー参加するとすれば、最大3都市で、各都市2泊と半日フリータイム確保といきたいものです。 理想は2都市で各3泊、1日フリータイムの行程です。
                                            ・・・・ 完

(追記) ヒースロー空港でのハプニング

ヒースローの手荷物検査は大変厳しいです。
帰りの検査で参加者の中で私たち2人だけがひっかかりました。
私は手荷物の手提げかばんと、上着も脱いで、ベルトも時計もはずし機械に通して問題ありませんでしたので、安心してゲートをくぐると、ピーと異常音が鳴り、ちょっと待てと靴を脱がされ特別のカプセルの中に入れられました。
中で万歳しながら一回転、さらに外に出てボディチェックされたあと開放されましが、何に反応したのでしょうか・・・・・・。 

家内にもハプニングあったのですが、書かんどいてと云うのでやめます。

« アントニ・ガウディを訪ねる | トップページ | 帯広は寒かった !! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451774/59822932

この記事へのトラックバック一覧です: フリータイムを愉しむ&帰国:

« アントニ・ガウディを訪ねる | トップページ | 帯広は寒かった !! »