無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年11月

2014年11月26日 (水)

栗林公園&大窪寺

11月24日

今朝もホテルの窓越しに瀬戸内の日の出を見ることができました。

174

今日は栗林公園と大窪寺を巡り帰阪します。
朝食後近くの商店街に出て早朝散歩しました。さすがに人通りはありません。

179 181

チェックアウトしたのち高松港に周り潮の香りを存分に感じてきました。
快晴の空の下、右手に屋島そして出港して行くフェリー、そんな風景を眺めていると、高松に赴任していた若かりし頃を思い出しました。

183

186

次に向かったのが国の特別名勝に指定されている名園栗林公園です。
紫雲山を借景にして、複数の池、築山そしてよく管理された松の木々が存在し、いつ訪れても心落ち着く場所です。
丁度紅葉時期とあって美しく色づいた木々も観察できました

189 191

196 193

複雑な樹形をした箱松は長年にわたる手入れの積み重ねでその枝振りが保たれている。
198 199

201_2 202

広い空間にあるのが茅葺の茶室"日暮亭"です。
ここでお茶してと思ったのですが、中から聞きなれた外国語のしゃべりが聞こえてきたのでやめました。 お茶は静かに飲むものなり・・・・・。

205

ここも茶室でしょうか、紅葉を傘にして門前で。
204

借景の紫雲山、紅葉、松の木と見事に池に映し出されています。

209 210

庭園内を周遊する船もあります。 予約客で一杯のため乗船は残念しました。

215

メインの場所ではやはりモデルが必要ですよね。
214 213

次に向かったのが四国霊場88番札所の大窪寺です。
ここは徳島県境に近い場所にあり、高松市内から一時間ほどかかります。
途中、道の駅ながおに立ち寄り地元産の野菜類を調達しました。

219  223

大窪寺に到着。
ここはお遍路の最後の札所であり、願いが成就する寺として結願寺と呼ばれています。
結願された方はこの寺に金剛杖を納めるそうです。

226 230

 235 232_2

最後の最後にやっと門前にある野田屋さんで讃岐うどんをいただきました。
香川を訪ねて "うどん食べませんでした" はありえませんからね。
食したのは "たらいうどん"です。 やはりうどん、そばはシンプルが一番です。

236 225

以上で今回の四国の旅も全て終了。淡路島経由で帰阪しました。   完

2014年11月25日 (火)

高知観光

11月23日

高知の大会終了後には必ず観光がセットされており希望者は参加できます。
私は高知は知り尽くしているので、これまでは逆に一緒に大会参加した仲間を案内していました。

今回は特別に家内と一緒に参加させていただきました。
小型観光バスでしたが二十数名の参加があり、日曜市と龍河洞へのコースとなりました。

朝八時半過ぎホテルにバスが到着。 先ずは日曜市のある高知市内に向かいました。
岡林会長自らが案内人となり私たちを楽しませてくれました。

119 121

高知の日曜市は毎週早朝から高知城下の通りに色んな店が開設され、高知の特産品や名産品を並べています。
今日は三連休の中日とあって大変な混みようでした。
高知城に近いところからスタートして最後まで一通り歩いて、再び戻ることにしました。

123 124

女性軍にはそれぞれにお目当てがあるようで、男衆はただただついて行くだけです。
さすがに大阪人ですね、値段交渉は強烈なところもあったようで・・・・・・。

なぜか高知特産のショウガが大人気で皆さん大量に買っていました。
かなり安くしてもらったようです。
直径が15センチ以上もある土佐文旦も人気で、くらわんか支部のNさんは5個位買ってましたが、ご主人の文ちゃんお持ち帰りが大変でしたね。

127_2 126

日曜市の散策も終わり、ひろめ市場に向かいました。
ここでショッピングと昼食をとることにしましたが、Nさんご夫婦が高知城を知らなかったので別行動で少しだけ案内しました。

高知城が遠めに眺められる場所で、そして山内一豊の銅像をバックにパチリ。
128 129

大手門をバックにパチリ。
131 130

お城本体までは坂道を登らねばならず、三人がNOだったのであきらめて、皆のいるひろめ市場に戻りました。
みなさん店の一角を占拠して飲み食いしていました。
聞けば、市場内の色んなところで調達した食べ物を持ち込み可で、飲み物だけはここで調達しなければならなかったようです。 

133

昼前に高知市内を出て龍河洞に向かいました。
私にとっても四十数年ぶりの訪問ですが、入り口と出口が別で山の上に出た記憶があり、へそすりの岩も記憶があったのですがやはりそうでした。

トウチャコ
134

鍾乳洞の入り口
135

山口県の秋芳洞に比べれば規模は大きくありませんが、それなりに小1時間探検させてもらいました。
洞内での写真です。

136 140

141 150

ありました。へそすり石、幸運にもみなさんすり抜けることができました。
148_2

142 146

かなり腰をかがめて通るところもあり、そして上り階段もあって次第に汗がにじんできました。
みなさん出口を出た休憩所で一息入れて下山しました。

153

途中に龍河洞珍鳥センターがあり、無料でしたので入りました。
本物の尾長鳥も観ました。身動きできず可哀想ですね。

154 156

ここで本日の観光コースは終了し、飛行機組のために高知空港に向かいました。
私たちと、広島組は車なのでみなさんとはここでお別れです。

157

ホテルまで送ってもらい、私たちは自家用車に乗り換えて高松に向かいました。
午後5時前に本日の宿、川六に到着。

182

ホテルは商店街のど真ん中にあるので少し休んで街へ出てみました。
昔に比べると商店街も大変垢抜けしています。

158

2人が大変好みにしている瓦せんべいの 昔からある老舗 "くつわ堂" に寄り買い物。
瓦せんべいと和三盆糖も購入しました。
最近知ったのですが、瓦せんべいにもう一社あり、食べ比べてみましたがその違いは明白でした。

161 163

丸亀にある一鶴の骨付鳥は有名ですが、私はまだ食べた経験がありません。
たまたま高松にも支店があることがわかり、今晩はそこでビールを飲みながらと訪ねてみましたが、残念ながら長蛇の列ができておりあきらめる。

ただ街を歩いていると骨付鳥の看板がところどころに見かけられます。
そこでその中の一軒を訪ねました。 食べてみた結果、物は試しと云いますがこれでわかりました。 家で手羽先焼いて食べたほうがよほど良いということが・・・・・。

166 168

というわけでお口直しに近くにある、前に訪ねたこともある寿し店で少しだけつまんでホテルに戻りました。明日は栗林公園と大窪寺に向かいます。   続く

大会本番&懇親会

11月22日

昨夜はあまり深酒しなかったおかげで朝はすっきりと目覚めました。

高知の地形は東西に湾曲していてホテルのある南国市はほぼ中央部に位置してます。
窓越しに東の空、すなわち室戸岬方向を見やると、太平洋から昇ってきた朝日に空も色づいて美しく輝いていました。

046

午前八時半ころに会場の南国市立スポーツセンターに向かいました。
いつもの大会でもそうなのですが、広い会場に足を踏み入れまず目に入るのが左右に並べられた的であり、その瞬間なんともいえない胸騒ぎを感じます。
今回は26列並べられていました。

048

選手控え席は的位置とは対面の2階席に設けられており陣取りました。

本大会は、10mの部100名、8mの部80名、6mの部20名で総勢200名の大会です。
私は10m、家内は8mの部に参加します。

9時半から開会のセレモニーが始まりました。 岡林高知県会長の挨拶です。

053 054

個人戦が始まりました。
私の出番は最終組なのでかなりの待ち時間があります。
逆に家内の出番は2組目にやってきました。
だいぶ大会慣れもしてきており、遠めに見る限りにおいて問題なさそうですが、矢の刺さり具合までは選手席からは把握できません。(青のユニホームが家内です)

059 057

昨年は本大会の6mの部で優勝しましたが、やはり距離が伸びると難易度は増してくるようで、最近は息の強弱で苦労していました。
今回の8mでは176点の13位、本人としては180点台を出したかったのでしょうが、まずまずの点数だったと思います。

試合観戦中の見慣れた後姿、ふり返れば枚方くらわんか支部のNさんと家内でした。

062 063

私の成績は182点の7位と、なんとか最低の達成ノルマである180台を確保できました。
今年は本大会を入れて5大会に出場し、大会アベレージも183点となりました。
昨年の大会では170台に乗せることに四苦八苦していたことを思うと良しとしましょう。
来年は大会アベレージも3点増を目指します。

個人戦の後は団体戦です。
3人一組で戦いますが、私たちに京都宇治支部から助っ人一人お願いしました。
助っ人のNさんと並んで撮りました。
先陣を切って家内が吹き、続いてNさん、そして私と続きました。
結果、31点、25点、33点の合計89点で63組中5位でした。惜しかった!!

061 064_2

続いて11月22日のいい夫婦の日にちなんで夫婦対抗戦がありました。
二人とも8mの距離から女性が3本、男性が2本の点数で競います。
5本中、4本が中心の7点に、残りの1本が3にはずれ31点となり、これも惜しくも入賞を逃しました。
昨日の友も今日は敵ではありませんが、くらわんか支部のNさんもこのときは敵方の奥様であり家内と並んで吹きました。 結果、両夫婦とも31点での引き分けでよかったよかった。

066 065

さて、本大会で門真、枚方メンバーの中から何か賞をもらった人がいたのか?
いました、飛び賞で2人が該当しました。 それも2人とも4,5人のじゃんけんで勝ちあがりゲットしました。
この2人なにかをもってますね。

067 068

続いてくらわんか支部のNさんもにこにこして名乗りを上げました。
はたして何の賞だったの? よくよく聞くと大会が誕生日月に該当した賞でした。
それではと3人で再度撮りました。

069

大会も全て終了し、我々の宿泊しているホテルでの懇親会に参加しました。
宴会の始まる前にホテル前の広場で鰹のたたき用に準備された切り身の、ワラ火によるあぶりの実演が行われました。
くらわんか支部の文ちゃんも果敢に挑戦。(右)
もちろん宴会では皆さんが美味しくいただきました。

071 074

ことしも宴会場は150人と大盛況、いろんな企画が催されおもてなししていただきました。

078 084

私たちの卓上にあった料理です。
079 080

中央部の長テーブルにもいろんな料理が並んでいました。しゃも鍋、鯨鍋も。
081 082

各席での愉しい様子を写真でご覧ください。
085 097

088 110

096 106

103 107

今年はベリーダンスチームが登場し、このときは目線が集中してました。
最後は出席者も参加して大いに盛り上がりました。 もしかしたら東支部のNさんでは・・・・

092 100

今年も素晴らしい大会、そしておもてなし満載の懇親会を提供していただき、岡林会長そして関係者の皆様にはほんとにありがとうございました。

明日は大会参加者の有志の皆様とバスによる観光に参加します。   続く

南国土佐へ遠征

11月21日

スポーツ吹矢の第六回高知県大会へ昨年に続き参加しました。

我が支部からは私と家内の2人が、そして枚方くらわんか支部と東支部の仲間達と総勢15名での南国土佐遠征と相成りました。
それぞれが好きな方法での現地集合とし、私たちは車で、くらわんかチームは飛行機で、東チームは全員が車2台に便乗しての高知入りとなりました。

大会前日入りして、まずは前夜祭と称する宴会、そして大会後は主催者による懇親会と続き、いつも思うのですが、試合と宴会のどちらがメインなのかわからないほど盛り上がった高知の2夜を愉しんできました。

出発当日は快晴、この好天気は最後まで続いてくれました。
我が家を午前7時に出発、いつものように明石大橋にたどり着くまで渋滞で四苦八苦しましたが、淡路島に渡り振り返ると、青空の下に明石大橋の雄姿をくっきりと眺めることができました。

009

淡路島を縦断し鳴門大橋を渡って四国に入り高松自動車道へ、そして川之江から高知自動車道を利用して最終の南国ICへと向かいました。

011 012

南国ICに到着したのが午後1時前、今日宿泊するホテルは南国市にあるサザンシティホテルです。
チェックイン時刻まで時間があったのでICを下りてすぐの道の駅で時間をつぶし、それでも早すぎたのですがホテルも快くチェックインOKしてくれました。

013_2

今宵は高知市内に前夜祭会場をセットしました。
出掛けるまで時間もあったので明日の大会会場である南国スポーツセンターを下見に、丁度高知の関係者が大会準備を始めるところでした。 岡林会長が居られたのでご挨拶を済ませて高知市内へと向かいました。

ところがホテルから高知市内へ向かう交通の便が大変でした。
私たちは土佐電鉄の路面電車を利用することにしたのですが、最寄の駅まで25分歩きました。 しかもそこからはりまや橋まで各停で30駅もあり大変でした。

014 016

まあ急ぐ旅でもないので成り行きに任せてトコトコの感じで市の中心部はりまや橋の電停に到着。正面が大会時過去2度利用したホテルの西鉄インです。
少し早かったので商店街をぶらぶらし、いつものように赤い欄干のはりまや橋の上で写真を一枚撮り皆の到着を待ちました。

017_2

020_2

はりまや橋交差点で待っていると、高知駅方面からやってきた路面電車に仲間の手を振る笑顔発見。

021

無事総勢16名が葉牡丹に集いました。高知のOさんが特別参加しました。
041

それでは愉しかった宴席の様子を何枚かの写真でご覧ください。

もちろんメインは"鰹のたたき" 写真の大皿が三皿卓上に並びました。
そして高知名物のドロメ(イワシの稚魚)も珍しくて美味しかったです。
どなたか鯨のにぎり注文してました。
鰹といえばすぐタタキを連想しますが、お刺身(皮なし)もこれまた絶品でした。写真撮るの忘れててだいぶ食べられていました・・・・・・。
お酒は "船中八策" が口に合いました。
その他各自好きな一品を頼みながら愉しく愉快な宴会は続きました。

023

034

024

036

029 031

027 033

030 035

明日の試合に差し支えない程度の(?)2時間強の前夜祭も無事終了。
店前で写真撮ることにしました。

枚方東のKさん、2年まえもここでこのようなポーズとっていましたよね。
038

001

003

はりまや橋まで歩き、橋の袂にあるお土産屋さんで皆さん買い物。
Kさんご夫妻は仲良く写真に収まりました。

004 044

007

帰途は路面電車での苦労もなく、皆さん乗り合いでタクシーにてホテルへと帰還しました。・・・・・明日はいよいよ本番です。 続く 

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »