無料ブログはココログ

« ロンドンを出発 | トップページ | 十勝岳の紅葉 »

2014年10月 4日 (土)

今年も北の大地へ

9月27日

早朝、朝日がさしこむ関空待合室に到着。
秋の北海道は人気があるのか、希望した伊丹発が取れず関空発となりましたが、この便も団体客で満席でした。

001

今年も恒例となった北海道の旅がスタートしました。
今回の旅のテーマは紅葉の地を訪ねることと友人との再会です。

千歳空港到着時の外気温は19度とアナウンスがありました。
恐らく滞在中は20度前後であろうと予測し、半そで、長袖の両方と、そこに上着を準備しました。

新千歳空港駅で旭川までのJR切符を購入しました。
私たちはジパング倶楽部の会員なので30%ofの恩典があるのですが、年間を通して北海道旅行くらいしか使用チャンスがありませんね。

札幌で特急に乗り換えました。
12時30分発、駅弁を買って乗り込みました。
さすがに北海道ですね、食欲をそそるものがずらっと並んでいましたが、私の選んだものは "北の海 幸ずくし" 弁当でした。

002

003

旭川駅には午後2時半に到着。
事前予約していたレンタカーを借りるため、駅構内にある駅レン事務所を訪ねました。
今日から3日間の使用、最後は帯広で乗り捨ての条件としました。

今日の宿泊場所はいつもの美瑛町にある "ぺンションwe" です。
直行すれば1時間弱で到着するのですが、途中寄り道することにしました。
そこは美瑛町の外れの道路脇にポツンとたたずむ、"ガラス工芸 ダルテ" です。

009

010

ここは昨年も訪ね、気に入った作品を何点か購入しました。
今日は事前連絡もせず、飛込みで立ち寄りました。 もちろん購入意思もあったので。

運よくご主人が在宅であり、一生懸命に作品作りの真っ最中でした。

005

008

もちろん私たちのことも覚えていてくれて、仕事も中断してくれ温かく迎えてくれました。
私はビールとワイングラスのお気に入りを二点、家内は食器関係を数点と特注皿もお願いしたので、10月中ごろに揃えて送ってくれることになりました。

011

006

007

昨年も同じこと言ったと思うのですが、こんなにいい作品を作るのだから、もっともっとPR方法を考えて、ネットも活用したらどうですかと言いました。 相変わらずその方面の努力がないようなので。

家内も親しくなった気楽さから、匠にずけずけと注文をつけました。
この作品は好きでない.......ここはもう少しこうした方がいいですよ............。
この器の赤のポチはよくないのでは等々。 名人に向かって何ということを........。

そんな私たちのことをいろんな意味で気に入ってくれたのか、写真撮らせてくれと言うので応じ、また是非訪ねる機会をつくりその後の変貌をみてみたいものだと思いながら工房を出ました。 

その後、パッチワークの丘を経由してペンションに向かいました。
丘の上からは、初冠雪のあった旭岳が西日を受けてくっきりと、同じく十勝岳連峰もはっきりと眺められました。

015

013

私は遠めに十勝岳連邦をバックに、家内はケンとメリーの樹と旭岳をバックに写真に収まりました。

016

017

午後5時前に、小高い丘の上の雑木林に囲まれ、周りには何の施設もない静かなたたずまいのペンションweに到着。 もちろん十勝岳連峰を前面に見ることができます。

今日は私たちで貸切、いつものことですがツイン部屋をそれぞれ使用させていただきました。

021

夕食ではメインのビーフシチューに "ふらのワイン" をいただきながら初日の夜を過ごしました。


027 025

明日は十勝岳の紅葉を訪ねます............(続く)

« ロンドンを出発 | トップページ | 十勝岳の紅葉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451774/57573690

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も北の大地へ:

« ロンドンを出発 | トップページ | 十勝岳の紅葉 »