無料ブログはココログ

« ケンジントン地区を歩く | トップページ | ロンドンを出発 »

2014年6月28日 (土)

ロンドン滞在最終日

6月22日

ロンドン滞在最終日の朝が好天で迎えられよかったです。
今日はついに半袖にGパンスタイルにしました。

最後の一日のメインを世界遺産に登録されている "キューガーデン" と決めました。
ここは私自身24年前の現役時代に訪ねていますが(社用?)、大きな温室があったくらいでほとんど記憶がありません。 あのころはバブル絶頂期でタクシーで乗りつけ、12月と大変寒かったので、ろくに見ないで帰った記憶があります。

場所はロンドンの中心から外れます。 
ロンドンの地下鉄路線網は5ゾーンに分かれています。
今回購入した7日間使用オイスターカードは2ゾーンしか使えません。
キューガーデンは3ゾーンのためどのようにすればこのカードが利用できるのか迷いました。
ホテルのフロントで地図を広げて聞く-------2ゾーンで下車して、その先の切符を購入する、なんとなくわかったような-----腑に落ちないまま出発駅のピカデリーヘ到着。

ここで度胸と笑顔の交渉人(もちろん家内)が改札口にいた女性の係員に尋ねる。
すると係員は自動機械の前に連れて行ってあれこれ言うがなかなかその手順が理解できない。
ここで家内の一言、 ぜんぶヤッテ! ほんとにロンドンの人は皆親切です。
結論は、不足分を入金してカードにチャージするでした。

キューガーデンに行くには最初乗るピカデリーラインから途中1回乗り換えます。
ただその次に乗るラインが、その先3線に分岐しており、それをどう見極めるのか悩むところでしたが、たまたま乗り換えホームにいた人に指摘されよくわかりました。
車両のサイド上部に出ている分岐線の最終駅の名称をみて判断するのだと。

前段が少し長くなりましたが無事キューガーデン駅に到着。
しっかりと地図で場所を確認。

471  472

駅前からまっすぐ伸びる道路を進めばキューガーデンに突き当たります。
両側にはこちら風の住宅が並んでいます。

519  474

キュウガーデンの入り口です。
518

入り口を入ると私の記憶にある大きな温室が目に飛び込んできました。

480

478  479

この大温室はキューガーデンの象徴でもあり、南国の植物が植えられ管理されています。

481  482

故ダイアナ妃により建てられた三角形の温室もあり、サボテンや睡蓮が見られます。

501  509_2

488  506

その他珍しく思った植物を羅列します。
507 514 515

516 517 511

温室の外回りにはまだいくらかバラも残っていました。
日本のジャイアントふきのような植物もありました。

483  499

しばらく付近を歩いてみました。 鳥たちの行進にも出くわしました。
489  491

512

とにかく広い、120haあるのです。
日本の庭園といえばお花畑を想像しますが、ここは緑の大空間なのです。
歩くのもこれが限度だなと思っていたら、目ざとく家内が園内を周遊する乗り物を見つけ、これは幸いと飛び乗りました。

492  497

いろんな木々があり、日本庭園もありましたがパスし、とにかく一周45分かけてひと回りしました。
乗ってすぐ四、五歳くらいの外人の男女の子供が乗ってきて云いました。
"マミー 日本人がいたよ"  なんと日本語。 すぐに日本のお母さんと外人のおばあちゃんが乗ってきました。
聞くと、お母さんとは日本語で、おばあちゃんとは英語で会話するとのこと、すごいですね。
二人の子供はしばらく家内と楽しく日本語で会話していました。
四人は子供たちの遊ぶ施設で降りていきました。

496

ガーデンを出て駅に向かいました。
朝到着したときにも駅前で出店していて、家内は興味を示していたのですが、やはり帰りに美味しそうな手作りのスイーツ買っていました。

520

帰りは何の問題もなく乗り継ぎハイドパークコーナー駅で下車。

534

ロンドンの中心には5つの大きな公園があります。 すでに4つは足を踏み入れたので残すはハイドパークだけとなっていましたので最終日に訪ねました。

ここは広々とした芝生と心なごむ水辺が魅力の公園です。

524  532

525  526

528  531

ハイドパークから今回の街歩き最後の地下鉄利用、ピカデリーで下車しました。
オイスターカードを返却することによって、返金もありうると聞いてましたので二人とも返却したところ、二人に7ポンドづつ返ってきました。

この時点午後2時を回っており、昨日行って美味しかった中華の店を訪ね、昨日と全くおなじものを注文しました。 詳細は昨日と同文です。

今日もスーパーテスコで氷を買いホテルに戻りましたが、毎日通ったピカデリーも、そして赤バスも今日で見納めです。

542  546

長期間にわたりなんとか歩きとおせたのも足君達のおかげ。
今日も氷でしっかりと冷やして疲れをとりながらしばらく部屋で休息しました。

今晩は最後の夜なのでホテルレストランで軽く食事することに。
私は一番無難なフイッシュ&チップスをあてに軽くビールとワインを飲むことにしました。
家内はローズジンジャエールとトマトとチーズのピッツァ

553

551  552

席担当のスペイン人は大変人なつこい給仕で盛んに話しかけてくる。
家内と一緒に写真撮ったら送って欲しいと自分のメールアドレス渡される。
一応Okと返事したがどうしょうかな--------。

554

以上で最終日の行動全て終了しました。------いよいよ明日は帰国です・続く

(追記)

このホテルはカード式のキイで、部屋に入ると横のボックスに差し込むと電源が入る方式のものです。 日本でも当たり前ですが---。

もちろん部屋を出るときには抜いて出ます。
ところが5日目位から部屋に入るとカードが差し込まれているのです。
てっきりルームキーパーが忘れたものと思い返却しました。
ところが次の日も差し込んであるのです。

これには素晴らしいもてなしの心があったのです。
ロンドンも次第に暑くなりました。
いつ戻っても快適に過ごせるように温度設定して涼しい部屋にしておくためカードで電源を入れているとのことでした。------お見事!


« ケンジントン地区を歩く | トップページ | ロンドンを出発 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451774/56634660

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン滞在最終日:

« ケンジントン地区を歩く | トップページ | ロンドンを出発 »