無料ブログはココログ

« ロンドン街巡り初日 | トップページ | ロンドンを離れウィンザーへ »

2014年6月26日 (木)

ロンドン街巡り二日目

6月18日

昨夜小雨が降ったのかホテル前の石畳が濡れている。空模様も雲が多い。

家内は今日の朝食から肉類はあまり取らないようにするといっていたが、いつも私以上に食べている感じでした。
ちなみに私の今朝の朝食盛り合わせです。

142_2

今日のメインはバッキンガム宮殿の衛兵交代を観ること。
11時過ぎからの開始なのでゆっくりとホテルを出発、滞在中いつも活動の基点となったビカデリーサーカスへ向かいました。

この一角は日中大変混雑する場所なのですが、さすがに早朝は静かですね。

149

ここから宮殿横のグリーンパークまでピカデリー通りが延びており歩きました。

150

途中、ロイヤルアカデミー美術館、ホートナムメイソン(開店前でした)、そして有名なリッツホテルの回廊をくぐるとグリーンパークに到着です。

222  151

152

グリーンパークに入って、まずとった家内の行動は関節をのばすストレッチでした。
緑の空間を通り抜けるとバッキンガム宮殿です。

153  156

161

まだ開始まで相当時間があるのですがすでに宮殿前には人だかり、その間9年前に撮った場所で再現してみました。 比較してください。(左9年前、右今回)

Img_0233_2  158

Img_0231  157

家内のコミュニケーションはここでも------。
私は宮殿正門前で
162  164

時間が近づくと次第にそれぞれの観覧場所に集まってきました。
私たちも陣取りました。

171  166

いよいよ行進の始まりです。 ホースガーズもやってきました。
衛兵交代式は宮殿前庭で行われます。

174  177

181  182_2

興奮冷めやらぬ中、宮殿の敷地内にあるロイヤルファミリーのクイーンギャラリーに入りましたが、様相が変わっていて楽しみにしていた家内には少々期待はずれのようでした。

189

再び宮殿前に行くと、先ほどとは違って静かな広場になっていました。
落ち着いて記念撮影、天気も良くなってきました。
ここで家内の日傘登場です。 滞在中街歩きしてても日傘利用者は家内一人でした。

191

193

宮殿前とトラファルガー広場をつなぐザ・マルの通りを、セントジェームスパーク等の景色を眺めながら歩く。

195_3  196

やがて近衛騎兵隊の本拠地ホースガーズの建物に到着しました。

197_2

この建物の中央門をくぐると赤い征服のライフ・ガーズに会えます。
早速並んで写真に収まりました。

198

201

今日の昼食はナショナルポートレートギャラリーの上階にある、景色のいいレストランでランチしました。 すっかり天気も良くなりトラファルガー広場を横断する前に一枚パチリ。

204

212

私は羊、家内は魚、デザートにクリームプリン、もちろんビールは飲みましたが二人で68.8ポンド、少しおしゃれなレストランに行くと高いです。 日本円で約13,000円、まさに日本の倍以上です。
とにかくロンドンは全てにおいて物価高、日本の倍以上と思って間違いなし。

209  210

少々高い食事でしたが、ホテルもすぐ側なので帰って休息することにしました。
一時間強休み、オックスフォードにあるデパートのリバティーに向かうことに、ここにはJTBの事務所があるので家内が情報収集に行くというので付き合いました。

もちろんピカデリーから地下鉄です。
ピカデリー広場は朝と違ってごった返していました。

213

JTBの事務所のあるリバティーは大きなデパートではありませんが木造主体の建物で、中を歩いてもきしむような感じです。ただ大変歴史はあるようです。
正面からみてもデパートとは思えませんね。 チューダー調というらしいです。

ロンドンは丁度町中バーゲンの最中でしたが、今回は特別の買い物なしでジャストルッキングでした。 もちろん物価高には閉口していましたので。

216  217

リバティを出るとリージェント通りを歩いて、ピカデリー経由で、朝開店してなかったフォートナムメイソンに向かいました。

218  223

フォートナムメイソンハ200年の歴史を持つデパートで紅茶、ジャム、ビスケットなど陳列がすばらしく、家内はここの紅茶がお気に入りです。

227  228

今日の夕食は、持参してきたインスタントおにぎり、カップ肉うどん、そして私は買いだめしていた缶ビールで今日の疲れを癒しました。------街歩き二日目終了・続く

(追記)

ヨーロッパではどこでもそうなのですが、トイレ問題があります。
街中でもよおしたときに、トイレをみつけてやれやれと思ったら大間違い。
有料が多いのです。
写真の場所は開閉機械に50ペンス約100円入れて入らなければなりません。
この教訓を生かし、必ず小銭用意しておくようにしました。

047  304

« ロンドン街巡り初日 | トップページ | ロンドンを離れウィンザーへ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451774/56615232

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン街巡り二日目:

« ロンドン街巡り初日 | トップページ | ロンドンを離れウィンザーへ »