無料ブログはココログ

« 南薩一周し鹿児島市内へ | トップページ | 枚方市大会準優勝!! »

2014年1月11日 (土)

最終日はシティビューバスで

1月10日(鹿児島最終日)

今日は午後の便で帰阪しますが、午前中循環バスを利用して少し市内の名所を巡ることにしました。
ホテルで重宝がられたマッサージ機も痛しかゆしの時もありました。
少ない時間にバスを利用するため、出発時間を厳守せねばならないのですが、私が出掛ける用意して家内の部屋を訪ねるが写真のとおり、おかまいなしのリラックスムードなり。
最後の最後まで有効利用していました。
Sdscn1818

駅前のバスターミナルでシティビュー循環バスに乗り込みました。 各名所を巡りながら市内を一周しています。
Sdscn1822

今日訪ねるメインの場所である仙厳園に向かいました。
昨日城山に行ったときに見過ごした、西郷隆盛が最後の5日間を過ごした洞窟が車中より見ることができました。
Sdscn1825

およそ30分で島津家の別邸仙厳園に到着です。
桜島を築山に錦江湾を池に見立てた雄大な景観を誇る借景庭園です。
入場してすぐに目につくのが殿として据えられた大砲です。
その横手には大砲をつくるときに鉄を溶かして流し込んでいた炉の跡がある石垣がみえます。
Sdscn1866

中へ進むと素晴らしく手入れの行き届いた松が迎えてくれました。
Sdscn1842

園内のほぼ中心部にあるのが書院造りの建物で、島津家の歴代藩主が別邸として、また本邸としても利用していたそうです。 家内は有料ガイド付きで中に入っていきました。
Sdscn1833

当時ガス灯をともした石灯籠です。鶴が羽をのばしたように見えることから鶴灯籠と呼ばれています。
Sdscn1844

この庭園から眺められた桜島も素晴らしいです。 今日は午前中で逆光となりましたが何枚か撮りました。
Sdscn1847

Sdscn1850
Sdscn1831

正門です。 テレビ篤姫のロケに使われました。
Sdscn1829

園内に名物ぢゃんぼ餅のお店がありましたのでお茶しました。
武士が大小を差しているのを”両棒差し”というように、餅に日本の竹串を差した格好が似ていることからこう呼ぶようになった。
Sdscn1865

Sdscn1863
さらに園内には薩摩切子館があったので目の保養をしてきました。
Sdscn1853

Sdscn1854
Sdscn1851

園の外に出て一休み。 今日はほんとに好天に恵まれました。
Sdscn1870
島津家が祀られている鶴嶺神社がありましたのでお参りしました。
Sdscn1868

この後再度循環バスに乗り途中で下車して、鶴丸城跡、西郷隆盛像を見ながら徒歩で天文館通に入り、鹿児島ラーメンを食べさらに歩きながら大久保利通の銅像を横目に見ながら鹿児島中央駅前のリムジンバスセンターに到着空港に向かいました。

バスの中から全く障害物のない、海と桜島を最後に見ることができました。
Sdscn1872

鶴丸城は島津家18代当主が築造した天守閣を持たない屋形造りの城でした。
Sdscn1876

Sdscn1874
この人なくして鹿児島は語れない! 軍服姿でどっしりと立っている。
Sdscn1878

仙厳園の入り口にいた鹿児島美人の案内人に聞いて訪ねたのがKラーメン店、二人は同時にアカン! ほんとは”こむらさき”にいこうと思っていたのですが……。
今回の旅行でただ一つの駄目だしでした。
Sdscn1880

通りを歩いているといろんな歴史を意味する珍しい作品に出くわしました。
Sdscn1881

これは鹿児島湾にイギリスの船が来たと、押っ取り刀で駆けつけている様子です。
Sdscn1882
そして最後に見たのが大久保利通の銅像でした。
Sdscn1883

以上で旅人としての新年初旅行、鹿児島の旅は終わりました。   完

« 南薩一周し鹿児島市内へ | トップページ | 枚方市大会準優勝!! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451774/54574015

この記事へのトラックバック一覧です: 最終日はシティビューバスで:

« 南薩一周し鹿児島市内へ | トップページ | 枚方市大会準優勝!! »