無料ブログはココログ

« パリへ出発 | トップページ | パリフリータイム その② »

2013年10月 6日 (日)

パリフリータイム その①

9月30日

天気は曇りながら、運良く雨には合わない1日となりました。
パリは旅慣れた街なので、あわてずゆっくりと午前10頃ホテルを出発しました。
今日明日を含め1日半のフリータイムがあるのですが、今回はもっぱら街歩きに専念しました。

ホテルを出て、2,3分歩くとオペラ大通りに出ます。 右へ行くとオペラ座、左に行くとルーブル美術館に突き当たりますが、今回は左折してルーブル方向へ、そして昨年泊まった”デュ・ルーブル”(写真中央)の直前に右折してサントノレ通りに入りました。

Sdscn0946

サントノレ通りはブランド店が建ち並んでいます。
もちろん私達は ”ジャスト・ルッキング” につとめましたが、新婚さんから聞いていたブランド店はここだなと思いながら進行。 やがてバンドーム広場のナポレオン記念柱を右手に見てチュイルリー公園へ

Sdscn0948

チュイルリー公園に入り、カルーゼル凱旋門とルーブルの一部を背にして公園の中央を歩き、左手にオランジュリー美術館を見ながらコンコルド広場に出ました。

Sdscn0949

まさにここは中心であり、ここに立つと、ブルボン宮、マドレーヌ寺院、アンバリッド、凱旋門、エッフェル塔まで視界に入ってきます。

コンコルド噴水から奧のマドレーヌ寺院をみる。
Sdscn0951

今日は凱旋門もシャンゼリゼ通り奧に霞んで見えます。
Sdscn0953
家内は凱旋門方向を背に撮りました。
Sdscn0954

私はコンコルド広場にあるエジプトのルクソール神殿から運ばれたオベリスクの塔の前で撮りました。
Sdscn0956
パリにもすっかり秋の気配が感じられます。 左の並木は色づき、地面には栗に似た果実が落ちていました。 マロニエ・西洋トチノキだそうです。

Sdscn0959

Sdscn0960_2
セーヌ川右岸のアレクサンドル三世橋からエッフェル塔を遠くに見ながら撮りました。
Sdscn0961

アレクサンドル橋の対岸向こうには皇帝ナポレオンが眠るドーム型の屋根をしたアンバリッドが見えてます。
Sdscn0962
今回はエッフェル塔の麓までは行きませんので、アレクサンドル橋から見た橋の写真をご覧ください。 二枚目は芸術的に撮ってみました。
Sdscn0963

Sdscn0966
さて、ここまでは順調に歩いてきて、橋の向こうのアンバリッドを尋ねようとしていたのですが、ローマに続き家内のトイレ問題が発生しました。 ほんとなら近くのプチパレに寄ればと思ったのですがお休み。
ここで見つけました。 橋のすぐたもとにグランパレの一部でしょうか、”MINIPALAIUS”という立派な建物があり、レストラン、ラウンジの表記があったので飛び込みました。
内部をみて、かなり高級なレストランと思われましたが、2人はテラス席に座り、14ユーロのカプチーノを飲んで用を足しました。

Sdscn0970_2

Sdscn0967
Sdscn0969_2

少々お高いものにつきましたが、自然現象には勝てません。 すっきりした2人はアンバリッド行きを中止してサンジェルマンデプレ教会に向かうことにしました。
再びアレクサンドル橋を渡りました(中央建物は右岸にあるグランパレ)

Sdscn0972

橋を渡り左岸に出て少し歩いてからサンジェルマン大通りに入っていきました。
地下鉄を2つくらい歩いてメトロのリュデュバック入り口に到着。ここは5年まえに写真右横のホテル”KKケーレ” に宿泊したので、よくここから地下鉄に乗りました。
懐かしかったです。
Sdscn0973

さらに進んでいくとサンジェルマンデプレ教会に到着します。
私は前からカフェでも外側に出て通りの人を見ながらお茶したいなと思っていました。
家内はどうしても中がいいと云うのでこれまで実行できませんでしたが、ついに今回やりました。
そこはデプレ教会の側にある ”レ・ドゥ・マゴ” という老舗のカフェです。 かってはサルトルやボーボワールなどの文豪が通い議論したことで有名だそうです。

Sdscn0975

座った位置から教会がすぐそこに
Sdscn0976
私達は写真の白い傘の間に座りました。(料金は外の方が高いです)
Sdscn0981

2人の注文品は写真のとおり(座った位置からの目線で見ています)
Sdscn0978

時に素晴らしいマドモアゼルが通りかかります。
Sdscn0979
ほんとはもっと素晴らしい写真撮りたかったのですが、あまりにお上りさんに見えるので止めました。
サンジェルマン地区にはソルボンヌ大学もあり文教地区なのです。
7月に大阪でクリュニー美術館の貴婦人と一角獣のタピスリーを鑑賞しましたが、この地区にクリュニーはあります。
Sdscn0983

この後、パリに現存する最古りサンジェルマンデプレ教会を訪ねてからセーヌ川へ歩を進めました……… 続く

« パリへ出発 | トップページ | パリフリータイム その② »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451774/53513213

この記事へのトラックバック一覧です: パリフリータイム その①:

« パリへ出発 | トップページ | パリフリータイム その② »