無料ブログはココログ

« フィレンツエのフリータイム | トップページ | フリータイム・ローマの休日 »

2013年10月 6日 (日)

フィレンツェを南下ローマへ

9月27日

朝8時前に16人全員大型バスに乗り込みローマへ向かいました。 約4時間の行程です。
途中トイレ休憩を兼ねて土産店に立ち寄ります。
特に買い物するものはないのですが、家内は店員さんに愛嬌よくふるまい、国際親善に努めていました。
Simg_9094

出発時点では曇りがちで心配されたのですが、南に行くにしたがって晴れ間が拡がり、最終的に絶好の行楽日和となりました。

さすがに大都会だけあって、市内に近づくにつれて渋滞が激しくなりました。 窓から見える測道でも両脇駐停車の車がびっしりで窮屈そうに走っていました。
ローマはどこを掘っても遺跡の宝庫ですから簡単に駐車場も造れないのでしょうか。

Simg_9149

それと道路脇の並木の一部にレモンの木が植えられており、実際に多くの黄色い果実がついているのには驚きました。 さすがに誰も食べる人はいないようです。
Sdscn0895

お昼にローマ市内に到着したので、早速レストランに案内されました。
日本人が経営者らしいのですが、グループの通された場所が角に追いやられた感じでもうひとつでした。 
メイン料理は、二種類のピッツァからチョイスします。 写真上がハムやキノコの入った普通のもので、下はアンチョビ入りです。
Simg_9096

Simg_9097
お互いカップルなので二種類頼み食べ合っていましたが、どちらも皿からはみ出すような大きなピッツァだったので大半の人が食べきれず残していました。
とりわけアンチョビ入りは私には塩辛く口に合いませんでしたが、結局2人は一枚と1/2食しました。

昼食の後向かったのがカトリック教会の総本山で面積も0.44平方キロと世界最小の独立国であるヴァチカン市国です。
サンピエトロ大聖堂の前から広場が拡がっています。

Sdscn0857

ここでは華麗な服装をしたスイス人の傭兵が警護にあたっています。
Sdscn0859

中に入るとまず目につくのがミケランジェロ作の ”ピエタ像”です。
死んだキリストを胸に抱く悲哀に満ちた聖母マリアの彫刻。

Sdscn0860

キリストの最初の弟子であり、初代教皇の聖ペテロ像
信者のキスで足の部分がすり減っている。 私達は手でさすってきましたが、どんな御利益があるのでしょうか。
Sdscn0865
大聖堂の内部に進みます。
Sdscn0867_2

イタリアにはクーポラ(円天井)のある聖堂が多いですね。
ルネサンス期に円は無限を示す宇宙の象徴と考えられ、聖堂建築に多く取り入れられて都市の景観に彩りを添えたそうです。
サンピエトロ大聖堂も見上げると見事なクーポラ
Sdscn0868
Sdscn0861

大聖堂の外に出て振り返って記念撮影。 広場には近々に大きな集まりがあるのでしょうか沢山の椅子が並べられていました。
Sdscn0871

Sdscn0874
法王様のお部屋は、中央の建物の4階にあり、右側から2番目の窓から毎週日曜日の正午には姿を見せてくれていました。
Sdscn0870

コンクラーベ(法王選出会議)のときには、左白い建物と中央避雷針のある建物との間に煙突がしつらえられて煙で合図しました。
Sdscn0875

ビットリオ エマヌエーレ2世の記念堂を車窓から眺めながらコロッセオに向かいました。
Sdscn0878

5万人を収容したローマを象徴する円形競技場の古代遺跡、その迫力には圧倒されますが、やはり痛みも激しいらしく今回も一部修復に取りかかっていました。
当時のローマ皇帝は、連日闘技会を催し、剣闘士同士とか猛獣相手に戦わせていたのです。
Sdscn0881

コロッセオ周辺のこの松の木ですが、決して下部を刈り取ったわけではなく自然な姿だそうで珍しかったので写真に収めました。
Sdscn0883
次ぎに向かったのがトレビの泉です。トレビとは三叉路の意味で、この伝説の泉の前からは3本の道が延びているのがその名の由来です。
Sdscn0887

肩越しにコインを一枚投げ入れるとローマを再訪できるとの逸話は有名ですね。
私達は前会投げ入れたので今回来れたことにするとしても、再度訪れる気持ちは全くありませんが、皆さんに習っておまじないしてきました。
Sdscn0885
Sdscn0886

この後スペイン広場に向かいました。
広場の南側にスペイン大使館があったことからこの名がついたようです。
映画 ”ローマの休日” ではアン王女がジェラード食べるシーンが有名ですが、現在ここでの飲食は禁止されています。
Sdscn0889_2

階段もすごい混みようでしたが、間隙をぬって写真に収まりました。
Sdscn0891
上から見てもすごい人ですね。
Sdscn0892

本日のツアーの行程はここで終わり、ホテル ロイヤルサンティーナへと向かいました。
ホテルの場所はテルミニ駅のすぐ側にあり、今までの2都市のホテルとは違いデザイナーズホテルで、これまでの古風な造りから近代に一変しました。
Sdscn0937

Simg_9129
今宵の夕食は添乗員と一緒に、熟年二組と新婚一組の7名でホテルから歩いて6分のレストラン DA VINCENZOに行きました。
それぞれがすきなものをチョイスしました。
私達は、オマールエビのパスタをメインに
Simg_9130

ズッキーニ花のフリット、海の幸のグリル、ポルチーニ茸のオイル焼き、ビーフカツを注文、プラスしてハウスワイン(頭の中ではハーフのつもり)注文しましたが一本出てきました。 さすがに量的に過大なので皆さんに振る舞ったことは云うまでもありません。 全て満足の一品でした。 

その時のメンバーと記念撮影です。
Simg_9103

今日も好天に恵まれ暑い一日でした。 明日は終日フリータイムです………続く

« フィレンツエのフリータイム | トップページ | フリータイム・ローマの休日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451774/53504323

この記事へのトラックバック一覧です: フィレンツェを南下ローマへ:

« フィレンツエのフリータイム | トップページ | フリータイム・ローマの休日 »