無料ブログはココログ

« お気に入りのペンションへ | トップページ | ヨーロッパ4都市巡り出発 »

2013年7月 4日 (木)

美瑛・富良野を巡る

6月29日

今日は朝から曇り空、大雪山連峰は雲に隠れて見えない。
お昼頃から晴れてくるとの予報だったのでゆっくりと構え、10時ごろペンションを出発。

まず直ぐ近くにある哲学の木を訪ねる。 
何かを考えているようにみえることからこの名前がついています。 今日は麦畑の緑色と空とのコントラストも最高でした。
Sdscn0274

そこで私も考える人になってみましたが余計でしたか……。
Sdscn0272
次に訪ねたのが "四季彩の丘" 雄大な大雪山連峰と丘の景色を背景に7haの花畑が拡がっており眺望が抜群です。 ただ今年は異常気象のため半月は開花が遅れているようでした。 ただポピーは満開でした。

Sdscn0292_2

この畝が満開になると相当見栄えのするお花畑になるでしょう。Sdscn0293_2
このあと富良野ワイン工場に向かいましたが、途中、飼料用の草を大型トラクターで刈り取っている作業現場に出くわしました。 珍しかったので写真に収めました。
Sdscn0345

Sdscn0278
次の丘では刈り取り、乾燥も終わり、いつでも持ち帰れるロール状の梱包があちこちに散乱していました。
Sdscn0295

昼前にはふらのワイン工場に到着しました。
Sdscn0300

二年前までは、こちらから定期的にワインを送ってもらい赤は身体によいのだと積極的に飲んでいましたが、最近はビール党になって忘れておりました。
この機会を利用して復活させようと訪ね、一ダースほど送ってもらうことにしました。

Sdscn0299
ここから直ぐの24000坪の丘陵地に広がる葡萄畑の一角にカンパーナ六花亭があります。 商品の販売もしているし、建物外には広いテラス席が設けられていて、遙か前面に広がる大雪山連峰の眺望を楽しみながらコーヒーブレイクすることができます。

Sdscn0305

Sdscn0306
お昼時になったので、この敷地内にあるジンギスカンの "白樺" に立ち寄りラム肉をいただきました。
Sdscn0304

Sdscn0301_2
お腹を満足させたあと、美瑛に向けて車を走らせました。
お花の時期が半月ずれていると云いましたが、なかでもラベンダーの花は1ケ月先でないと見頃にならないはず。 ところが偶然にも紫に色づいた一角がありましたので写真に収めました。
Sdscn0313

お花は未だ満開ではありませんが空と丘の景色とのコントラストが素晴らしく、今回走って撮った一番の写真だと思います。 237号線沿いのかんのファームの丘です。
Sdscn0318

Sdscn0320
こちらは右部分にみえる小さな木を中にはさんで立つ三本の木、通称親子の木と呼ばれています。
Sdscn0321

旭川空港は美瑛から11㎞先にあります。
着陸に向けて丘陵地すれすれに飛行機が飛んでいます。 背後は大雪山連峰。
Sdscn0328
Sdscn0331

ケンとメリーの木、 スカイラインのCMロケ地として使われました。 
Sdscn0333
今回は直ぐ横のテラスのあるペンションでソフトクリームをいただきました。
Sdscn0340

このあとweに置いていた雑誌で見つけたガラス工房に行きたいと家内が云うので、地図を頼りに向かうが、やっとたどり着いたら不在。 明日再訪することにしました。

今日丘陵地を走って思ったことですが、美瑛、富良野と言えばお花の時期が一番なのでしょうが、秋、冬もいいのでないかと思うようになりました。 明日は旭川経由札幌に向かいます………… 続く 

« お気に入りのペンションへ | トップページ | ヨーロッパ4都市巡り出発 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451774/52313385

この記事へのトラックバック一覧です: 美瑛・富良野を巡る:

« お気に入りのペンションへ | トップページ | ヨーロッパ4都市巡り出発 »